グレージュカラーって何色?ブリーチなしでも染まるの?明るめから暗めまでを一挙に解説

グレージュカラーは透明感を出せるヘアカラーとして知られていますが、具体的に何色か説明できる人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、グレージュカラーとは何色なのか、ブリーチなしでも髪が染まるのかなど、グレージュカラーの疑問にお答えします。記事内ではグレージュカラーで表現できる色の見本を、明るめと暗めに分けて紹介していますので、自分の好みのトーンを探してみてください。

グレージュカラーとは何色?

クアンク韓国ウルフボブ(グレージュカラーボブウルフ黒髪
出典 : ALICe by AFLOAT【アリスバイアフロート】

グレージュカラーとは、グレーとベージュが混ざった色です。グレーで髪の毛の赤みを消し、ベージュでやわらかさや温かみを出すので、透明感とツヤのある外国人風のカラーに仕上がります。

日本人の髪の毛は赤みが強いので、グレーで赤みを消す方が多いですが、完全に消してしまうと肌の色がくすんで暗く見えてしまうところが難点でした。しかし、グレージュカラーにはベージュが含まれているので適度な明るさが生まれ、肌の色を健康的に美しく見せてくれます。

ブリーチなしでも染まる?

ブリーチをすると髪の毛の赤みが取れるため、ブリーチ後にグレージュカラーで染めると、さらに透明感が増し、明るい色も綺麗に入りやすくなります。

グレージュカラーには元々グレーが配合されているので、ブリーチをしなくても髪の毛の赤みを消すことはできますが、ブリーチをしていないと明るめのグレージュカラーは入らず、ツヤ感のあるカラーに仕上がります。

色落ちしたあとのカラーは何色?

グレージュカラーは、ブリーチのあり・なしで色落ちしたあとの髪色が異なるところが特徴です。

ブリーチをすると、どの色に染めていたとしても、色落ち後の髪色は黄色くなってしまうことがほとんど。しかしグレージュにはベージュが含まれているので、黄色くなりすぎないベージュカラーに変化していきます。

一方でブリーチをせずにグレージュカラーだけで染めた場合、髪の毛には元からの赤みが残っているので色落ちしたあとは茶色になります。ただし、グレーの効果で初期の赤みが抑えられていますから、色味は赤茶色ではなく、深みのある落ち着いたブラウンです。

グレージュカラーを徹底解説。明るめと暗めのどちらが好み?

グレージュカラーはブリーチの有無や一緒に違う色を混ぜることで、さまざまなカラーを楽しめます。この項目では、グレージュの色味を明るめと暗めに分けてご紹介します。

グレージュカラーには、明るめと暗めで次の種類があります。

明るめのグレージュカラー

  • ・バイオレットグレージュ
  • ・ホワイトグレージュ
  • ・アッシュグレージュ
  • ・シナモングレージュ
  • ・スモーキーグレージュ

暗めのグレージュカラー

  • ・ダークグレージュ
  • ・マットグレージュ
  • ・ブラウングレージュ
  • ・クールグレージュ

「グレージュカラーに染めてみたいけれど、どのような色があるのかわからない」という人は、ぜひ参考にしてください。

明るめのグレージュカラー

明るめのグレージュカラーを楽しみたいのであれば、事前にブリーチを行うカラーがおすすめです。

バイオレットグレージュ

ブリーチ必須!バイオレットグレージュ
出典 : hair design D.c.t

バイオレットグレージュに染めるためには、2回以上のブリーチが必要です。グレージュカラーにバイオレットを入れると、色落ち後も綺麗なブロンドカラーに変化しますので、長く美しい髪色を楽しめます。

バイオレットには黄色みを消してくれる効果がありますので、グレージュ単体で染めるよりも透明感を強く出せるところが特徴です。

ホワイトグレージュ

『ファストブリーチ+ホワイトグレージュ』
出典 : Air Bijou 【エアー ビジュー】

ホワイトグレージュも髪の毛の赤みを極力抜いたほうが綺麗に染まるので、2回以上のブリーチが必要です。グレージュカラーの透明感にミルキーな白がプラスされたカラーなので、甘さがプラスされたやわらかいカラーといえます。

ホワイトグレージュは色素の薄い人によく似合いますので、化粧をする際は眉毛を脱色したり、アイライナーにグレーやライトブラウンを使ったりして工夫をしてみましょう。

アッシュグレージュ

外国人風にイメチェン☆オリーブアッシュグレージュカラー
出典 : days【デイズ】

アッシュグレージュは、グレージュとアッシュ、それぞれのくすみをミックスしたヘアカラーです。

アッシュにもグレージュ同様、赤みを抑える効果がありますが、アッシュは少し青みがかった灰色をしていますので、グレージュ単体で染めるよりもシックで強い透明感を出せます。色落ちするとアッシュとグレーが抜けていきますが、ベージュが残るので赤みを抑えた茶色に変化していきます。

シナモングレージュ

《Mimosa》#シナモングレージュ #透明感カラー
出典 : Mimosa【ミモザ】

シナモングレージュは、明るいグレージュカラーの中でも温かみの強いヘアカラーなので、やさしい印象を出したい方におすすめです。

ほんのりマットな質感を出せるため、ナチュラルな色素薄い系女子になれます。シナモングレージュの特徴は、肌を白く透き通って見せる効果があるところです。

スモーキーグレージュ

【GEEKS渋谷】冬のくすみカラー/スモーキーグレージュ/くびれ
出典 : GEEKS【ギークス】

髪の毛の赤みやオレンジみが強い人は、スモーキーグレージュで赤みとオレンジみを消した、グレージュカラーの透明感を出せるスモーキーグレージュが似合います。

スモーキーグレージュは、グレージュカラーの中でも暗めのヘアカラーなので、明るくしすぎたくない人、はじめてハイトーンにチャレンジする人に向いています。

暗めのグレージュカラー

ブリーチを行わずに暗めのグレージュカラーを楽しみたいのであれば、次のようなカラーがおすすめです。

ダークグレージュ

切りっぱなしボブ/ダークグレージュ/結べるボブ
出典 : by fifth 原宿/表参道

ダークグレージュは、グレーを強めに入れたグレージュカラーです。黒髪に見えるほど暗いカラーですが、光に当てると透明感のある透け感を出せますので、黒髪ほど重くなりません。

ダークグレージュが色落ちすると、赤みを抑えた焦げ茶色に変化します。「髪の毛を明るくできないけれど、黒髪にはしたくない」という人は、透け感のある黒と焦げ茶色を楽しめるダークグレージュに染めてみましょう。

マットグレージュ

マットグレージュ
出典 : gigi hair works【ジジヘア ワークス】

グレージュカラーに緑色を加えたマットグレージュは、派手すぎずマットなグレージュカラーを楽しめます。清楚ではかない感じを出せるカラーなので、黒い髪色でも女の子らしく、かわいい雰囲気を出したい人におすすめです。

マットを深めに入れると肌とのコントラストが強調されるので、肌が白く見えます。

ブラウングレージュ

トレンドの薄め前髪&アッシュブラウン&ロングレイヤー
出典 : hair place Fleur【ヘア プレイス フルール】

ブラウングレージュは茶色を強めに入れたグレージュカラーで、透明感のあるブラウンカラーを楽しめます。

茶色に染めた場合、色落ちすると赤くなったりオレンジ色になったりしますが、ブラウングレージュはグレーで赤みが抑えられているので、時間が経っても落ち着いたブラウンカラーを維持することが可能です。

クールグレージュ

Austカット+アディクシーカラー×クールグレージュ
出典 : Aust hair Rilly 京橋【オースト ヘアー リリー】

マットな質感が特徴のクールグレージュは、黒髪に近い色味を出せるため、ヘアカラーに厳しい職種の方もチャレンジしやすいグレージュカラーです。黒髪に近いとはいえ、グレージュ特有の透明感は維持できますから、光に当たると透け感があります。

グレーが強いので、色落ちしたあとも地毛の赤みが抑えられ、落ち着いたブラウンヘアーに変化します。

グレージュカラーは白髪と相性が良い?

ハイライトカラーグレージュベージュ/ケアブリーチ白髪ぼかし
出典 : ALIVE Kichijoji 吉祥寺【アライブ キチジョウジ】

グレージュカラーは、くすみグレーとベージュで透明感を出すヘアカラーですが、おしゃれ染めだけではなく、白髪ぼかしのカラーとしても利用できます。

白髪ぼかしとは、従来の白髪染めのように濃いカラーで白髪を染める方法ではなく、白髪が伸びたり生えてきたりしても目立ちにくいよう、全体の髪色を白髪とあまり差がでないレベルに染める方法です。

白髪は濃いブラウンや黒色の中にあると、反対色なので1本あるだけでも非常に目立ちます。しかし、グレージュカラーは白髪とのコントラストの差が浅いので、数本生えていてもあまり目立ちません。
さらに目立ちにくくしたい場合は、極細のハイライトを入れると効果的です。ハイライトを入れると白髪の本数が増えてもカモフラージュしやすいため、頻繁に染めに行く必要がなくなります。

白髪が増えてくると白髪染めしか隠す方法がないと思われがちですが、グレージュカラーを採用すれば、おしゃれに髪の毛を染められます。髪を染める頻度も少なくできますので、白髪が気になり始めた方は、ぜひグレージュカラーにチャレンジしてみてください。

グレージュカラーの色落ちを遅らせる方法

グレージュカラーは色落ちしても、赤みを抑えた綺麗なブラウン、またはブロンズカラーに変化する点が特徴です。しかし、せっかく染めたなら、少しでも長くグレージュカラーを楽しみたいものです。

グレージュカラーを長く楽しみたい人には、カラーシャンプーの利用をおすすめします。カラーシャンプーには染料が入っているので、洗う度に染料が髪の毛に入り、カラーの色落ちを遅らせてくれるので便利です。

カラーシャンプーにもさまざまな種類がありますが、グレージュカラーには、髪をくすませる効果の高いシルバーカラーシャンプーが向いています。カラーシャンプーを使用するときは、地肌を洗ってすぐに洗い流すのではなく、3~5分ほど 待ってから洗い流すと効果的です。

高温で洗い流すとヘアカラーの色が落ちやすいので、シャワーの温度は40度以下 のぬるま湯に設定しましょう。

まとめ

グレージュカラーは、グレーのくすみとベージュのやわらかさの両方を楽しめるヘアカラーです。ブリーチの有無や一緒に入れるカラーによって、さまざまなくすみカラーを楽しめる点もポイントといえます。

明るめのグレージュカラーにする場合は、1回から2回のブリーチが必要です。ブリーチをすると髪が傷みやすいですが、そのぶん明るく、透明感の強いグレージュカラーを楽しめます。

一方、暗めのグレージュカラーはブリーチなしで楽しめるため、色味は黒髪に近くなりますが、日光に当てると透明感を出せるところがポイントです。

今回の記事を参考に、自分にあったグレージュカラーを見つけてみてくださいね。

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン