カサカサ唇になる前に!おすすめのリップケアと保湿力のあるおすすめリップクリームを紹介

「寒い季節になると、いつも唇がなんだかカサカサしている…」
そんな風に思うことはありませんか?
カサついた唇は見た目も気になるし放っておくと痛みを伴う場合もあり、できれば避けたいもの。

カサカサ唇を防ぐには、高保湿なリップクリームを使うなどのケアが非常に大切です。
今回は、正しいリップケアの方法や唇の乾燥対策におすすめのリップクリームを紹介します。
しっかりケアして、いつでも自信の持てるぷるんとした唇を保ちましょう。

唇がカサついてしまう原因とは?

唇がカサついてしまう原因とは?

唇がカサカサになる原因として、主に以下の3つの理由が考えられます。

  1. 1.空気の乾燥
  2. 2.外部からの刺激
  3. 3.栄養不足・ストレス

①空気の乾燥

そもそも、唇は他の皮膚とは異なり角質層が薄くデリケートな部位です。
汗腺や皮脂腺がほぼなく、皮脂膜も生成されないため、水分をためにくいという特徴があります。
そのため、湿度が低く乾燥した場所にいるだけでも潤いが失われてしまい、カサつきの原因となってしまうのです。

②外部からの刺激

角質層が薄い唇は、外部刺激を受けやすいという特徴もあります。
例えば、マスクやメイクによる摩擦、紫外線、刺激のある食べ物といった外的な刺激を受けることで、唇がカサつく原因となってしまいます。

➂栄養不足・ストレス

栄養不足やストレスなどにより身体の免疫力が下がっている場合は、ダメージを受けやすく唇がカサつく原因となります。
また、ビタミンB群のような体の皮膚や粘膜を健康に保つ栄養素が不足している場合も、唇の荒れに繋がってしまいます。

カサカサ唇にならないためのリップケア方法

カサカサ唇にならないためのリップケア方法

上記のようなカサつきの原因を、できるだけ作らないようにすることが大事ですが、日常生活においてどうしても避けられないこともありますよね。
カサカサ唇を予防するには、上記の対策と合わせて、普段から適切なリップケアが必要です。
具体的には、以下のような方法で唇をケアすると良いでしょう。

保湿成分入りのリップクリームを一日数回塗る

カサカサ唇の最も大きな原因である乾燥から唇を守るには、こまめな保湿が重要です。
乾燥が気になる時はもちろん、食後やお風呂上り、外出前など一日5回程度を目安に塗りなおし、こまめな保湿を心がけましょう。
また、リップクリームを使用する際は必ずティッシュなどで唇を清潔にし、縦ジワに沿ってやさしく塗るのがポイントです。

口紅やグロスなどを使用する前は下地を塗る

リップメイクからの刺激を受けにくくするために、リップ専用の下地を使用しましょう。
下地を使うことで、カサカサ唇を防ぐだけでなく、口紅のもちや発色もよくなります。リップ専用下地を持っていない場合は、普段使用しているリップクリームでも代用できますよ◎
リップクリームを使用する場合は、厚く塗りすぎるとリップメイクがなじまず発色が悪くなることがあるため、軽くひと塗りする程度に抑えておきましょう。

定期的にリップパックやスクラブケアを行う

ぷるぷるの魅力的な唇を目指すなら、普段のリップケアと合わせて週に1回のスペシャルケアを取り入れるのも効果的です。
より高い保湿力が期待できるリップパックや、角質のケアができるリップスクラブなどを用いて特別なケアをすることで、潤いのある唇をキープすることができます◎

ぷるんと潤う♡おすすめの高保湿リップクリーム10選

ここからは、唇のカサつきを防いでくれる、保湿力に優れたおすすめのリップクリームを紹介します。
それぞれの特徴をチェックして、自分の目的や肌質に合うものを探してみてください。

Kiehl‘s キールズ リップ バーム No.1

保湿成分
スクワラン、アロエベラエキス、ワセリン等
特徴
リップバーム、チューブタイプ
伸びが良く、唇にやさしくフィットして潤いをキープしてくれます。程よくつやがあり、しっとりした塗り心地が特徴です。

L’OCCITANE シア リップバーム

保湿成分
シアバター(シア脂)など
特徴
リップバーム、チューブタイプ、低刺激
自然由来の保湿成分が唇にしっかりと潤いを与えてくれます。少量でも唇にしっかり密着するので、長時間塗り直せない場合にもおすすめです◎

PAUL&JOE リップスティックトリートメント

保湿成分
水溶性コラーゲン、オレンジはちみつ、マカデミアナッツ油など
特徴
スティックタイプ、美容成分配合
猫の形をした可愛らしい形状のリップクリームです。優れた保湿成分と美容成分で、乾燥しやすい唇も健やかに保ちます。

ドクターブロナー オーガニック リップバーム

保湿成分
アボカド油、ホホバオイルなど
特徴
スティックタイプ、100%天然由来、美容成分配合
しっかり保湿してくれると同時に、美容成分が唇の荒れを防いでくれます。天然由来成分のみが配合されているのため、刺激によるダメージを受けやすい方にもおすすめです。

ザ パブリック オーガニック スーパーポジティブ 精油リップスティック

保湿成分
シア脂、オリーブ果実油など
特徴
スティックタイプ、100%天然由来、100%精油調合の香り
植物成分を多く配合したオーガニックなリップクリームです。こっくりとした植物バターが唇に密着して、潤いを長くキープしてくれます。

【医薬部外品】DHC 薬用リップクリーム

保湿成分
オリーブバージンオイルなど
特徴
医薬部外品、スティックタイプ、保護成分配合、
優れた保湿力にもかかわらずべたつきにくく、心地よい塗り心地が特徴のリップクリームです。程よいツヤが出せるため、リップメイクの前後に使用するのもおすすめです。

【医薬部外品】メンターム ディープナーリップ メントールUV

保湿成分
オリーブ油、ホホバ油、スクワランなど
特徴
医薬部外品、スティックタイプ、メントールタイプ、SPF20/PA++
潤い成分をたっぷり配合し、唇の乾燥をしっかり防いでくれます。UVカットタイプのため、外での作業が多い方にもおすすめです。

メンソレータム プレミアム メルティクリームリップ 無香料

保湿成分
スクワラン、マルチセラミド(セラミド2、セラミド3、セラミド6II)など
特徴
スティックタイプ、SPF26/PA+++
メルティクリームリップシリーズの中でも特に潤い成分が多い「リッチワセリン処方」で、唇にしっかりと密着して落ちにくいのが特徴です。日中に何度も塗り直せない人にもおすすめです。

【医薬部外品】キュレル リップケアバーム

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キュレル リップケアバーム 4.2g
価格:1080円(税込、送料別) (2022/12/23時点)

保湿成分
セラミド機能成分など
特徴
医薬部外品、リップバーム、夜用リップケア
夜寝る前にたっぷりなじませておくと、翌朝まで唇に密着して潤いをキープしてくれる濃厚なリップバームです。ナイトパックとしても、頻繁に塗り直しができないときの日中のケアとしても使用できる優れものです◎

保湿力のあるリップクリームを選んで唇の潤いをキープしよう♪

カサカサ唇の原因やリップケアの方法、おすすめのリップクリームを紹介しました。

女性にとって大事なチャームポイントである唇は、いつでも健やかな状態にしておきたいですよね。
唇がカサつく前に、こまめな保湿と自分に合ったリップケアで、いつでも潤いのある唇を目指しましょう♪。

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン