サウナハットの効果とは?生地の違いやハットの選び方も解説

サウナハットとは、サウナの熱や蒸気から頭を守るための帽子です。サウナハットを被るとのぼせにくくなったり、髪の毛や頭皮の乾燥を防いだりできるので、より快適にサウナを楽しめます。

ただし、サウナハットは生地の種類や使い方によって効果が変わってくるため、利用したい人はサウナハットについて正しい知識を持っておくことが大切です。

そこで今回は、サウナハットの効果や生地による違い、自分に合ったハットの選び方などを解説します。

サウナハットの効果は?

サウナハットの効果は?
サウナハットを被ってサウナに入ると、次の効果があります。

  • ・のぼせにくくなる
  • ・髪の毛や頭皮の乾燥を防ぐ

それぞれ詳しく解説していきましょう。

のぼせにくくなる

サウナの室温は床に近い場所だと70~80度ですが、天井に近づくにつれて90度 近くになるので、体の部位としては頭がもっとも熱を感じます。そのため、長時間サウナに入っていると頭がボーッとしてのぼせやすくなるのですが、サウナハットを被っていれば高温の蒸気から頭を守ることができるので、のぼせにくくなります。

髪の毛や頭皮の乾燥を防ぐ

高温の室内に長時間いると、髪の毛や頭皮から水分が抜けてしまいます。髪の毛から水分が抜けるとパサパサになってしまい、艶が失われて横に広がりやすくなりますし、頭皮から水分が抜けるとフケが出やすくなるため、長時間のサウナは髪や頭皮にとってあまり良いものではありません。

しかし、サウナハットを被れば頭を熱ダメージから守ってくれるので、長時間サウナに入っていても髪の艶や頭皮の健康を維持できます。

サウナハットは生地によって効果が変わる

サウナハットは生地によって効果が変わる
サウナハットはウールやタオル地などさまざまな生地で作られていますが、もっとも機能性の高い生地はウールです。

ウールは断熱性・吸水性に優れているため、サウナの熱から髪や頭皮を守ってくれるだけでなく、汗をかいてもすぐに吸い取る効果があります。また、ウールは燃えにくい素材でもあるので、高温のサウナで長時間被っていても安全です。さらに、ウールは型崩れしにくい素材として知られており、繰り返し使用してもヘタれにくいという特徴も持ち合わせています。

これらの点から、サウナハットを選ぶときにはウール製品をおすすめします。

タオル生地のサウナハットは効果がないって本当?

サウナハットの中にはウール素材ではなく、タオル生地で作られているものもあります。しかし、タオル生地で作られたサウナハットについて調べてみると、「効果がない」というワードがヒットするため、買っても意味がないように感じて心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、タオルはウールに比べると生地が薄いので断熱性が低く、汗を吸い取っても短時間で乾きにくいことから、吸水効果もウール地よりは低いです。しかし、ウールにはない「洗濯機で洗える」といった特徴があり、手入れのしやすさで考えるならタオル生地で作られたサウナハットのほうがおすすめできます。

サウナハットの選び方

サウナハットの選び方
サウナハットを選ぶときは、次の2点に注目すると自分に合う製品が見つかります。

  • ・素材
  • ・デザイン

ひとつずつ解説していきましょう。

素材で選ぶ

サウナハットはウールやタオルなど、さまざまな生地で作られています。ウールは断熱性が高く吸水性にも優れているため、サウナを長く快適に楽しみたい人におすすめの素材です。しかし、使用後は洗濯機で洗うと縮んでしまうので、手洗いが必須になるところは少々手間といえるでしょう。

一方、タオル生地はウールほど断熱性や吸水性が高くない反面、生地が柔らかく、使用後に洗濯機で洗える手軽さが魅力です。タオル生地のサウナハットは持ち運ぶときに折りたたんでも型崩れしにくいですし、洗ったあともすぐ乾くので、頻繁にサウナへ行く方や手入れのしやすさを重視したい人に適しています。

デザインで選ぶ

サウナハットといえばチューリップ型が主流ですが、最近ではバケツハットのように浅めのもの や、鼻まですっぽり隠れる 深めのものまで多様なデザインがあります。

カラーは白やグレーだけでなく、パープルやネイビーなど豊富で、模様はストライプやワンポイントとさまざまなものがあり、自分の好みに合わせて選択できます。

まとめ

サウナハットには、高い室温から頭を守る効果や髪の毛および頭皮から水分が蒸発するのを防ぐ効果があります。サウナハットを被ればのぼせにくくなるだけでなく髪の毛や頭皮も傷みにくくなるため、より快適にサウナを楽しめます。

サウナハットの断熱性や吸水性の高さはウール素材のほうが上ですが、手入れのしやすさや柔らかさはタオル素材のほうが上なので、重視したいポイントを決めて自分に合ったハットを選んでみてください。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン