大人ニキビがなかなか治らない場合は栄養不足が原因かも?

大人ニキビがなかなか治らない、そんな人はまず自分の食生活をかえりみてください。
インスタントばかりに頼っていませんか?ジャンクフードばかりに頼っていませんか?俗に言われるエンプティカロリーによってカロリーは足りているのに栄養不足に陥っていませんか?

実はその栄養不足、それこそが大人ニキビの原因なのです。

ビタミンCは体内では作れない

人間にとって必要不可欠な栄養素は5つあります。
たんぱく質、脂質、糖質、ミネラル、そしてビタミンです。
大人ニキビに悩んでいる多くの人はビタミンが足りていない可能性が高いです。
ビタミンCは体内で作ることが出来ないので、食べ物から摂る必要があります。
また1日で使い切ってしまうので、食べてためておくことも出来ません。

しかし最近ではインスタントやレトルト、ファストフードをよく食べている若者が多く、簡単に食事を済ませてしまうので、栄養不足になっている可能性が高いのです。
そこでビタミンが足りなくなってすぐに出てくるのが肌トラブル、大人ニキビということになります。

ビタミンA、B、C、Eがお肌には必要

ビタミンAが不足すると肌荒れなどのトラブルが起こります。
緑黄色野菜にたっぷり含まれるビタミンAは特に現代人は摂りにくいと感じていますが、抗酸化作用も持っていますから積極的に食べるようにしましょう。
ビタミンB群が不足すると、糖の代謝が悪くなり、脂肪に変わります。
またビタミンB群に関していえば、たんぱく質をしっかり摂っているなら満たされているでしょう。
このビタミンB群は水溶性のビタミンなので、体にためておくことは難しいでしょう。
ビタミンCはいわずと知れた美肌のビタミンです。
大人ニキビに悩んでいる人は積極的に食べる、そして外側からもスキンケアとしてビタミンC誘導体などの化粧水でケアを行いましょう。
このビタミンCも1日使い切りのビタミンなので、毎日摂る必要があります。
ビタミンEは若返りのビタミンとも言われる抗酸化作用の強いビタミンですが、ナッツなどに含まれています。
かぼちゃやさつまいも、大根など、ポピュラーな野菜からも摂ることが出来ます。

このように大人ニキビができてしまった場合、栄養不足、主にカロリーではなくビタミンの栄養不足を考えましょう。
コラーゲンやミネラルなども足りない可能性もありますし、それを意識してしっかりビタミン類やコラーゲンなどを摂取する食事をすることで大人ニキビが改善することもあります。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン