思春期ニキビは健康の証。ニキビの原因とケア方法知れば怖くなんてない!

思春期は身体が子供から大人へ急激に変化する期間で、個人差は大きいのですが男子は8歳ごろから、女子は10歳ごろから始まり、それぞれ18歳頃まで続くと言われています。

この期間は「成長期」と呼ばれることもありますが、思春期は心の発達、成長期は体の発達を指しています。

どちらも体内にある100種類以上のホルモンの中でも「成長ホルモン」と「性ホルモン」の分泌の急増が原因となります。

思春期の始まりは、男子は声変わり、女性は初潮を迎えたころと勘違いしている方もいらっしゃいます。

しかし、このような体の変化を迎えた頃はすでに思春期の後期に入っています。

思春期がはじまると男子は精巣が増大し始め、女性は乳房が少し膨らんでくるなど外見からは気づきにくく、体の成長に心が付いていけなくなり不安定な状態になります。

その他、多い症状としてニキビがあります。

体内のホルモンのバランスが崩れ皮脂が異常に分泌し毛穴が詰まることでニキビができます。

皮脂が多いTゾーンや頬にできるのが特徴です。

思春期はただでさえ周りの目や外見が気になる時期です。

そんな時期に顔や頬にニキビができると更に心が不安定になります。

ニキビの中でも皮脂が原因のニキビは膿をもったり、赤くはれ上がりやすくとても目立ちます。

しかし、思春期ニキビは健康な体を持つ方ほどごく自然に起こる現象です。

ニキビができる時期や期間、原因、対処法などを知り適切に対処すれば悩むことなく乗り越えられます。

思春期ニキビの原因は何?

思春期にできるニキビは一般的に体内のホルモンバランスが整う20歳前後、成熟期と呼ばれる期間に入ると落ち着いてきます。

成熟期以降にできるニキビは大人のニキビとも呼ばれ、原因も対処法も違います。

では思春期にできるニキビの具体的な原因はなんでしょうか。

それは、男女問わず10歳前後から18歳ごろまでに活発に分泌される性ホルモンの影響です。

性ホルモンは「男性ホルモン」と「女性ホルモン」があり、思春期ニキビに大きく影響を与えるのは男性ホルモンです。

男性ホルモンの分泌が活発になると皮脂の分泌量が増えニキビの原因になりますが、適切にお手入れができればトラブルを悪化させてしまうことはありません。

しかし、症状が出始めるのが10代前半です。

美容法やケアの仕方の知識が十分になく悪化させてしまうケースが多いのです。

余分な皮脂が多い肌はアクネ菌などの細菌が増殖してしまいますので、普段から皮脂が多いTゾーンや頬だけでなく顔全体に広がってしまうのも思春期にできるものの特徴です。

男性ホルモンは体が成熟すると分泌は正常に落ち着きますが、寝不足やストレスなど生活習慣が乱れると異常に分泌しバランスが崩れます。

その為、大人になっても思春期と同じ性質のニキビができる可能性はあります。

その際、例えば乾燥が原因となっていると思って同じ方法でケアをすると症状を悪化させてしまうこともあるのです。

ケアするためには原因をしっかり把握することが大切です。

思春期ニキビの予防方法を教えてください

思春期のニキビは男子、女子とも10歳前後から始まる性ホルモンの急激な増加が原因です。

健康な男女ならごく自然に表れる症状で、ホルモンバランスが安定する18歳前後にはニキビの症状も落ち着いてきます。

一般的に肌が荒れる時期や原因はわかっているので早めに予防ができれば症状を悪化させたり、長引かせることを防ぐことができます。

ホルモンのバランスが崩れるのを防ぐのは健康な体の成長を妨げることです。

ですから、ホルモンバランスの崩れによって生じる症状を早めに予防しましょう。

思春期にできるニキビの予防で最も大切なのは、毎日のスキンケアで肌を清潔に保つことや睡眠時間をしっかりとることです。

ニキビなど症状が出る前にケアを始めると効果的に予防できます。

毎日のスキンケアでは、思春期ニキビ肌専用のもの、または敏感肌用のものを使うようにしましょう。

洗浄力が強い洗顔フォームや、オイル系の美容液やクレンジングを使用すると返って症状を悪化させてしまう可能性があります。

洗い過ぎが更に皮脂を分泌させる原因になります。

また、手軽にできる予防法は、汗をかいた時にこまめに水で流すことです。

顔を洗えない場合はタオルで汗をふくなど、かいた汗をそのまま肌表面で乾かすことがないように心掛けると効果的にニキビを予防することができます。

汗の他にも洗顔フォームの洗い残しも毛穴を詰まらせます。

思春期はニキビができていても細胞の生まれ変わりが活発な若い肌です。

ほおっておくと大人になっても消えない跡となってしまうため適切なケアは必要ですが、あまり触りすぎずシンプルなケアを行いましょう。

できてしまった思春期ニキビ。ケアはどうすれば良いですか?

思春期ニキビを正しくケアするためには原因を正しく知ることが大切です。

そもそも思春期にできるニキビは正常な体の成長です。

顔の目立つ部分にできるため気になりますが時期を過ぎると必ず落ち着いてきます。

慌てず急がずケアしましょう。

思春期ニキビの原因は性ホルモンの急激な増加によって皮脂の分泌が過剰になり、洗い残しなどで肌に残った皮脂にアクネ菌などの細菌が増殖し炎症を起こしています。

原因は「肌に残った皮脂」です。

青春ニキビのケアは、まずは大切なのは洗顔です。

肌に皮脂が残らないように丁寧に洗顔しましょう。

ここで注意しなければいけないのは洗い過ぎと摩擦です。

皮脂が多いからといって一日に何度も洗ったり、ゴシゴシ洗いをすると逆に皮脂の分泌を増加させてしまいます。

皮脂は外部らの刺激から肌を守る役割もあり、ある程度は必要なものです。

皮脂が異常にない状態が「乾燥肌」です。

乾燥肌になると自然に皮脂は過剰に分泌されますので、同じことの繰り返しです。

洗顔は朝と夜、一日2回で十分です。

そして洗顔後は刺激の少ない基礎化粧品で肌を潤し、しっかり保湿をしましょう。

10代前半から20歳前の思春期の肌はもともとハリやツヤのある健康な肌ですので、過剰に美容成分など与える必要はありません。

とにかく刺激が少ないシンプルケアを心がけてください。

また、人間の体は口にする食べ物や飲み物でできています。

脂っこい食事を続けると当然、顔も脂っぽくなってしまいます。

ジャンクフードやお菓子などの食べ過ぎには注意しましょう。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン