顔が角栓だらけになったらどうしたらいい?ケア方法やNG行動、予防対策をご紹介

「顔が角栓だらけになってしまった…」「顔にポツポツできた角栓はどうしたら取れるの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

角栓を改善、予防するためには、スキンケアと生活習慣の見直しが必要です。

そこで今回は、正しい洗顔方法や予防のための生活習慣などについて解説していきますので、角栓を除去してきれいなお肌を手に入れたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

顔が角栓だらけになる3つの原因

顔が角栓だらけになる3つの原因

まずは、顔が角栓だらけになってしまう主な原因について見ていきましょう。

過剰な皮脂の分泌

食生活の乱れなどによって皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に皮脂が溜まりやすくなります。蓄積した皮脂と汚れや産毛が合わさることによって、角栓が毛穴に詰まっていくのです。この状態を放置するとさらに皮脂汚れが毛穴に溜まっていき、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなりかねません。

メイクを落としきれていない

毎日のメイクを落としきれていないと、ファンデーションや化粧下地の成分が毛穴に詰まり、角栓の原因となってしまいます。このような事態を防ぐためにも、クレンジング剤や洗顔料で丁寧にメイクを落としましょう。

またメイクの落とし残しを防ぐためには、崩れにくいベースメイクや毛穴を埋める形式の化粧下地を避けるのが無難です。

お肌の乾燥

角栓ができる原因として、お肌の乾燥も考えられます。お肌が乾燥することで老廃物が硬くなり、毛穴に溜まりやすくなるのです。角栓が蓄積した状態を放っておくと、さらに乾燥が進んで角質が大きくなってしまいます。

角栓を放置するリスクとは

角栓を放置するリスクとは

顔が角栓だらけになった状態を放置していると、毛穴の詰まりが進行してニキビなどさまざまな肌トラブルにつながります。また、角栓は次第に酸化して黒ずみとなるので、見た目が悪くなる点にも注意が必要です。

毛穴の目立たないきれいなお肌を目指すためには、正しいケアで角栓を取り除くことが大切です。

角栓の正しいケア方法

角栓のない状態にするために、以下の手順でケアを行いましょう。

  1. ①ホットタオルで毛穴を開く
  2. ②クレンジングと洗顔で汚れを除去する
  3. ③しっかりと保湿する

上記3つの内容について、詳しく解説していきます。

①ホットタオルで毛穴を開く

洗顔前にホットタオルを顔に当てることで、顔が温まって毛穴が開きます。このようにすることで、毛穴の中に溜まった汚れが取れやすくなるのです。

ホットタオルを顔に当てる手順は、以下のとおりです。

  1. ①タオルを50℃ほどのお湯で濡らして絞る
  2. ②顔全体にホットタオルを当てる
  3. ③2~3分放置する

タオルの温度が熱すぎるとやけどするかもしれないので気をつけましょう。個人差もありますが、ほんのり温かくて気持ち良いと思えるぐらいの温度がおすすめです。

②クレンジング・洗顔

角栓をケアするためには、クレンジングと洗顔でメイクや汚れをしっかり洗い流すことが重要です。まずはクレンジング剤をたっぷり手に取り、お肌の上で円を描くようになじませます。クレンジング剤の量が少ないと、指と顔の摩擦によってお肌がダメージを受けてしまうので注意してください。

クレンジング剤を洗い流した後は洗顔をしますが、洗顔料を泡立てる際は泡立てネットを使用すると良いでしょう。泡を顔全体に行き渡らせたら、ぬるま湯で洗い残しがないようにしっかりと流しましょう。

③保湿

洗顔が終わったら、お肌をしっかり保湿することが大切です。保湿を怠っていると、乾燥を防ぐために余分な皮脂が分泌するようになるので注意しましょう。

洗顔の後は、清潔なタオルで顔の水分を拭き取ります。続いて化粧水をたっぷり手に取り、時間をかけて顔になじませましょう。ある程度化粧水が染み込んだ後は乳液でしっとり成分を閉じ込めます。

+αで取り入れたい角栓のスペシャルケア方法

ここからは、定期的に行いたい角栓のスペシャルケアについて解説します。休日などを利用して、無理のないペースで実践してみてください。

角栓パック

顔に直接貼り付ける角栓パックを使用すれば、1回でたくさんの角栓を除去できます。ただし角栓パックを頻繁に使いすぎるとお肌に負担がかかってしまうため、1週間に1回程度の使用に留めましょう。この方法は、大量に溜まった角栓を手っ取り早く落としたい方におすすめです。

オイルマッサージ

毎日の洗顔後にオイルマッサージを行うのもおすすめです。顔のマッサージをすることで血流をスムーズにし、お肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。

やり方は比較的簡単で、オイルを手になじませた後、指の腹を使って円を描くように顔をマッサージするだけです。オイルマッサージが終わったらオイルを優しく拭き取り、いつもの保湿ケアで仕上げてください。

酵素洗顔

角栓のスペシャルケアとして、酵素洗顔もおすすめです。酵素には毛穴に溜まった皮脂汚れや、硬くなった角質を除去する効果があるといわれています。

ただし、酵素洗顔を頻繁に行うとお肌が乾燥するおそれがあります。敏感肌や乾燥肌の方は1週間に1回程度、オイリー肌の方は1週間に2回程度のペースで行うのがおすすめです。

セルフケアで角栓が取れないなら美容皮膚科も検討しよう

セルフケアだけで角栓を取りきれない方は、美容皮膚科を受診して医師による施術を受けることも検討してみましょう。ここからは、美容皮膚科で受けられる角栓治療についてご紹介します。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、毛穴に溜まった角質を除去し、お肌のターンオーバーを促す施術です。主に皮脂の過剰分泌を抑え、毛穴の詰まりを解消させる効果に期待できます。

イオン導入

イオン導入とは、専用のマシンを使用してお肌に電流を流し、美容成分を染み込ませる施術です。一般的に、ニキビ対策に有効なビタミンC、毛穴の引き締め効果に期待できるグリシルグリシン、美肌効果が高いとされるトラネキサム酸などが用いられます。また比較的弱い電流であるため、痛みの心配はほとんどありません。

レーザー治療

レーザー治療とは、専用の機器を用いて施術部位にレーザーを照射する方法です。レーザーの刺激によって毛穴に詰まった角栓を除去し、毛穴の開きを目立たなくする効果に期待されています。

やってはいけない!角栓ケアのNG行動

NG行動

ここからは、角栓ケアの際に控えたいNG行動をご紹介します。うっかりやってしまっている方も多いので、日々の生活を振り返りながらチェックしてみてください。

クレンジングや洗顔をしすぎる

いくら角栓をきれいにしたいからといって、クレンジングや洗顔を1日に何度も行うのはおすすめできません。お肌を保護するために必要な皮脂まで除去し、お肌の乾燥につながってしまいます。

お肌が乾燥すると、皮膚を守ろうとする機能が働いて皮脂が過剰に分泌されます。余計な角栓を増やさないようにするためにも、クレンジングや洗顔は1日2回程度に留めましょう。

角栓を無理やり除去する

角栓を発見したからといって、無理やり取り除こうとするのはやめましょう。ピンセットを使って抜き取ったり、爪で押し出したりすると、お肌を傷める原因となります。また、傷んだ部分から細菌が侵入するとニキビや吹き出物といった肌トラブルが生じてしまうため、角栓は適切なスキンケアで対処することが大切です。

角栓を予防するために日々の生活習慣を見直そう

角栓を予防するために日々の生活習慣を見直そう

最後に、角栓の予防に効果的な生活習慣について解説します。ライフスタイルは人によって異なるので、無理のない範囲で実践してみてください。

食生活を整える

角栓を予防するためには、食生活を整えて身体の中から美しくなることが大切です。炭水化物・タンパク質・脂質・ミネラル・ビタミンの5大栄養素をバランス良く摂取できるよう、毎日の食事メニューにこだわりましょう。

特にお肌のターンオーバーを促進するビタミンA、皮脂の過剰分泌を防ぐビタミンB2・B6、腸内環境を整える食物繊維を積極的に取るようにしてください。

質の高い睡眠を取る

角栓を防ぐためには、質の高い睡眠を取る必要があります。睡眠が足りていないと、ホルモンバランスが乱れて皮脂が過剰に分泌されるおそれがあるからです。

また睡眠中に分泌される成長ホルモンは、お肌の正常なターンオーバーに欠かせません。理想の睡眠時間は人によって異なりますが、なるべく6~7時間以上の睡眠を取れるように心がけましょう。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まると自律神経のバランスが乱れ、皮脂が過剰に分泌されてしまうおそれがあります。自律神経のバランスを整えるためには、ストレスを溜め込まないことが大切です。リラックスできる時間を作ったり、湯船にゆっくり浸かったりしてストレスを発散させましょう。

適度に運動する

ホルモンバランスや自律神経のバランスを整えるために、毎日適度な運動を心がけましょう。運動によって代謝がアップし、お肌の状態を整えることにもつながります。ただし、激しい運動をすると怪我をしてしまうかもしれないので、あまり負荷のかからないウォーキングなどから始めてみましょう。

まとめ

今回は、顔が角栓だらけになったときの正しいケア方法や、角栓を予防するための生活習慣などについてご紹介しました。角栓を取り除くために無理に引き抜こうとする方も多いのですが、これはかえって肌を傷つけてしまう行為になるので注意が必要です。角栓があると仕事や家事のモチベーションも下がってしまうので、毎日のスキンケアや生活習慣を見直して、角栓のないきれいなお肌を目指してみてください。

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン