効果あるスキンケアのために、ちゃんとした洗顔を!

毎朝、晩と行っている洗顔は、スキンケアの基本ともいえます。

肌の埃やごみを取り除き、ニキビの元になる毛穴の老廃物を掻き出し、清潔に保つためのものですね。

ニキビが出来ているから、肌が脂性だから、と1日に何回も顔を洗う事は、実はスキンケアとしては良くないと言われています。

肌を必要以上に擦ってしまう事で傷が付いたり、また脂分を取り除いて乾燥肌になると。

これだと何のための洗顔かわからなくなってしまいますよね。

洗顔の仕事は肌を綺麗にすることですが、スキンケアの観点から見ると、古くなって老廃物となってしまった細胞を、新しく再生できる土台を作ることだともいえます。

石鹸やフォームの中には潤いを与える、しっとりとした肌になるといったものがありますが、どちらも肌に油分や界面活性剤を残すことになります。

顔全体に洗顔石鹸やフォームで作った泡を付けた後は、あまり擦らずにぬるま湯でさっと洗い流すことが大切です。

洗顔後直後の毛穴が開いて綺麗になっている所に自分の肌に合ったスキンケア商品、化粧水などをパットで浸透させることで、肌に必要な成分を浸透させる事が出来るのですが、これが結構難しいんですね。

洗顔とスキンケアは密接な関係がありますが、石鹸やフォームでスキンケアの土台を作ることは出来ても、保湿性を高めるなどの効果を求めてはいけません。

それぞれの役目が違うので自分の肌の質を考えて選んでいくことが大切です。

スキンケアの商品の中には、脂性、乾燥肌、または美肌効果があるものなど色々な有効成分を持っているものが多くあります。

しかし洗顔がきちんとされていない不潔な肌に使っても、何の効果もなくなってしまうのです。

おすすめの洗顔料とは?

洗顔石鹸、または洗顔フォームをどの様に選べば良いのか?

そのフォームがおすすめなのか?気になりますよね。

石鹸の仕事は顔の汚れや肌の老化した細胞を落とし、清潔に保つ事ですよね。

毛穴に入った汚れ、掻き出されずに残ってしまった脂分などは、肌の黒ずみやシミ、それに大人にきびの元になってしまいます。

私達の肌は一人ひとり違いがあります。

脂性の人もいれば乾燥肌また敏感肌で、その石鹸やフォームに含まれている成分によって色々な問題が出てくる人もいます。

インターネットのサイトや、ドラッグストアーまた女性週刊誌でもさまざまな洗顔に関する記事やお勧めの石鹸やフォームが書かれています。

自分の肌の質を理解したうえで洗顔料を選びましょう

洗顔の基本はしっかりと汚れを取り除くことです。

その石鹸やフォームに含まれている成分によって、肌に与える効果が違ってきます。

まずは自分の肌の質を理解したうえで洗顔料を選ぶ事がおすすめです。

ニキビができやすい脂性の人には、石鹸タイプが適しているでしょう。

石鹸は天然の界面活性剤で作られており、あわ立ちの良い石鹸を使って汚れを洗い流すのが良いといわれています。

敏感肌の人は様々な化合物が使われていない、天然素材の石鹸がおすすめです。

安心して使えますよね。

乾燥肌の人は肌を刺激しないもの、弱酸性のものがおすすめです。

そして気をつけるのは、早く肌を回復させようと何度も洗顔をするのは、肌の汚れと同時に肌に必要な油分も取り除き乾燥を招いたり、失われた油分を補おうとして油分がさらに分泌される元になることもあるのです。

石鹸で洗顔する際に知っておきたいこと

私達が毎日行う洗顔。

石鹸であったり洗顔フォームであったり色々な形のものがありますが、どちらも第一の目的は顔の肌の汚れや皮脂を取り除き、清潔に保つということです。

若い人の間でニキビが出来ると、顔に残っている油脂が原因だと必要以上に激しく顔を洗って、本来必要な分の油脂まで取り除いてしまうケースもあります。

正しい洗顔とは肌の汚れや埃を取り除くことはもちろんですが、油脂をすべて取り除くことではなく、肌の水分と油分のバランスを保つことです。

石鹸は殆どの物が自然の成分から出来ています。

そのために敏感肌やアレルギーを持った人に良く使われています。

石鹸はアルカリ性の泡で優しく肌を包み込み、私達の肌に必要な油脂を残して、余分な油脂と様々な汚れを取り除きます。

自然の成分を使うと弱酸性であった私達の肌は、アルカリ性となり肌が突っ張ってしまう感じがします。

しかしツッパリ感を感じた肌が、本来の弱酸性に戻そうと自ら保湿性を生み出そうと働こうとするのです。

石鹸を使うことで本来肌が持っている力を引き出すことが可能になるのです。

また洗顔石鹸は天然の界面活性剤なので、水で簡単に洗い流す事が出来ます。

洗顔石鹸を使って清潔な肌になった所で、保湿成分やアンチエイジ効果がある基礎化粧品を使ってスキンケアを行うことです。

洗顔フォームなどでしっとり感を出すものもありますが、石鹸に保湿性物資が入っていると、それが肌を覆ってしまいその後に付ける化粧水などが肌に浸透しなくなってしまいます。

きちんと綺麗にしてスキンケアしたいですね。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン