日焼けした肌を白くする方法とは?生活習慣、スキンケア別にポイントをご紹介

海や山で思いっきり遊んだ日や、営業回りで屋外を歩き続けた日に、焼けてしまった肌を見てがっくりした経験がある方もいるでしょう。
日焼けの跡がくっきり残ってしまうと、ついつい見た目が気になってしまいます。

そこで今回は、日焼けした肌を白くする方法についてご紹介します。
白く美しい肌を取り戻したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

日焼け直後に行うべき2つの対処法

まずは、日焼けしてしまった直後に行うべき対処法についてご紹介します。

クールダウン

日焼けして間もない肌は、紫外線のダメージによって軽くやけどをしたのと同じ状態になっています。症状の悪化を防ぐために、まずは日焼けした部分をクールダウンしましょう。

クールダウンの方法としては、冷やしたタオルを当てたり、流水で冷やしたりするのがおすすめです。保冷剤やスプレータイプのミネラルウォーターがあれば、積極的に活用しましょう。

保湿

クールダウンによって熱が落ち着いたら、化粧水などを使って肌をしっかり保湿しましょう。日焼けした肌は、表面から水分が奪われてダメージを受けやすい状態になっています。このときは肌を強く刺激せず、やさしくなじませてください。

【生活習慣編】日焼けした肌を白くする方法

ここからは、日焼けした肌を白くするために見直すべき生活習慣についてご紹介します。

①紫外線対策

肌を少しでも早く白く戻すためには、これ以上日焼けしないことが大切です。外出するときは、帽子や日傘を活用して紫外線から肌を守りましょう。

②サングラスを着用する

紫外線対策で見逃されやすいのが、目です。目は紫外線にさらされると、日焼けのもととなるメラニンという成分を生成するよう脳が働いてしまいます。日焼けを防ぐためには、サングラスをかけるなどして目を守ることも重要です。

③食生活を整える

肌のターンオーバーを促して日焼けを改善させるためには、食生活を整えるのも大切です。とくにタンパク質やビタミン、ミネラル、セラミドなどをバランスよく摂取するよう心がけましょう。

④適度に運動する

肌の成長ホルモン分泌を促すために、適度な運動を取り入れてみましょう。ウォーキングやジョギング、筋トレ、縄跳びなど、自分にできるものから始めてみてください。ただし、外で行う運動の場合は、これ以上日焼けしないように紫外線対策をしっかりしましょう。

⑤睡眠の質を高くする

肌の成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、質の高い睡眠をとることは白い肌をキープするために重要です。質の高い睡眠のためには、寝る2時間前までにお風呂を済ませ、就寝前にスマホなどの画面をできるだけ見ないようにしましょう。

【スキンケア編】日焼けした肌を白くする方法

ここからは、日焼けした肌を白くするためのスキンケアのコツについてご紹介します。

①美白化粧品を使う

日焼けした肌のクールダウンが終わったら、美白化粧品を使用するのがおすすめです。美白化粧品には、アルブチンやビタミンC誘導体などの美白成分が配合されています。これらの化粧品を使うことで、肌のターンオーバーを促せます。

②スクラブケアをする

肌のターンオーバーを促すために、スクラブケアを行うのもおすすめです。角質ケアによって老廃物や角質を除去し、日焼けした肌を早く元に戻しましょう。ただし角質ケアの後は肌が乾燥しやすくなっているので、保湿を忘れずに行ってください。

まとめ

今回は、日焼けした肌を白くする方法についてご紹介しました。日焼けした肌を白くするためには、スキンケアを念入りに行うだけでなく、毎日の生活習慣を見直すことが大切です。身体の内部からアプローチして、美しく白い肌を取り戻しましょう。

カテゴリで絞り込む

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン