妊娠中や授乳中はやってはいけない脇の黒ずみ対策について

妊娠中や授乳中の方がやってはいけない脇の黒ずみ対策があります。
なぜ妊婦になるとダメなのでしょうか?ここでは黒ずみ対策やその理由と注意点をまとめてみました。

なぜ妊婦さんは脇の黒ずみが目立ってくるのか?

出産してお子さんをお持ちの方なら誰でも経験があると思いますが、実は妊娠中や授乳中の女性は脇の黒ずみを発見してしまう人が多いのだそうです。
個人差はあると思いますが、妊娠中の女性は知らない間に乳首や脇の黒ずみが目立ってきてしまったりシミが増えやすくなったりします。
このような状況は妊娠によるホルモンの影響であることが分かっています。
妊娠によるホルモンの変動により人によっては、脇に黒ずみが出てしまったり、乳房が黒くなってしまうという現象が現れます。
特に妊娠20週目を過ぎると女性ホルモンの1つであるエストロゲンとプロゲステロンが増えてくると言われています。
この成分の分泌によりメラニン色素の色素細胞が刺激されるのでメラニン色素が増え色素沈着も起こりやすくなるのです。
ではそんな妊娠中の女性や授乳中のお母さんに多くみられる黒ずみはどのように改善したら良いのでしょうか?

ケアする時の注意点

妊娠中の女性のお肌はとても敏感で繊細なので肌トラブルも増えてしまいます。
黒ずみの悩みは女性なら誰にでもあると思いますが、特に体の中でもデリケートな脇はあまり外部の刺激を与えないような方法でケアしていきましょう。
もしも黒ずみが気になる方はムダ毛処理をする時に気を付けましょう。
もしも脇の脱毛をする場合は、肌に刺激が少ないと言われる電気シェーバーなどを工夫して使うことで予防ができるかもしれません。
そして何よりカミソリは肌にとても負担がかかるものなのでなるべく避けましょう。
しかし電気シェーバーで脱毛をした後でも脇のお手入れは必要なので、なるべく保湿ケアやジェルを使って脇のお手入れをしましょう。
脇の黒ずみを薄くするためにはお肌の保湿がとても肝心なので、しっかりと保湿行い肌の新陳代謝を整えて行くことが大切です。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン