短期間で毛穴の汚れを改善できるピーリングとは?

毛穴の汚れや詰まりはできるだけ早くなくしたいですよね。

毛穴の詰まりは皮脂や汚れが原因ですがほっておくと酸化し黒ずみの原因になり見た目も悪いです。

しかし、毛穴の詰まりは見た目が悪くなるだけではありません。

毛穴が詰まると肌自身が生まれ変わる力、ターンオーバーが乱れ乾燥やしみなどさまざまな肌トラブルを引き起こします。

毛穴の詰まりは放っておかずに早めに改善しましょう。

毛穴の汚れや詰まりのケアの基本は洗顔です。

汚れを丁寧に落すと毛穴の汚れや詰まりは解消されます。

ですが、できるだけ早く汚れを落としたいという方に人気なのが「ピーリング」という方法です。

ピーリングとは?

ピーリングとは「剥ぎとる」という意味ですが、肌のお手入れの際に使う場合は、肌自身が持っている生まれ変わる力に働きかけ硬くなった角質を取り除いたり、シミやニキビ痕を改善させるお手入れ方法をピーリングと呼びます。

肌のお手入れのピーリングは大きく分けて3種類あります。

ケミカルピーリング、レーザーピーリング、クリスタルピーリングです。

ケミカルピーリングは、ドラックストアなどでも販売されている薬剤です。

グルコール酸が配合されたジェルタイプが多く、肌の新陳代謝を高めます。

レーザーピーリングは、クリニックや病院でレーザーを照射します。

リスタルピーリングもレーザーピーリングと同じくクリニックや病院で施術を受けますが、酸化アルミナという化粧品にも使用される物質を白色の結晶粉末にし肌表面に吹きかけて角質を削る方法です。

薬品を使わず肌に優しいことで人気があります。

ケミカルピーリングでお肌のターンオーバーを再生

肌の古い角質や毛穴の詰まりなどで悩まれている方が、短期間で解決する方法として選ばれているのがケミカルピーリングです。

ケミカルピーリングは、専用の薬剤を使用して古い角質や汚れを取り除き、肌自身が持つ生まれ変わる力を再生させる一つの方法です。

ケミカルは日本語にすると「化学作用による」などの意味があり、ピーリングは「剥ぎとる」という意味ですが、肌ケアの際は「ターンオーバーを活発化させる」という意味合いになります。

ケミカルピーリングの効果は、肌細胞の活性化により美肌効果や肌表面のザラつきの改善だけでなく、しみやニキビ跡のケアにも効果があります。

ただし、しみやニキビを治療するものではありません。

ピーリングの施術は、どこでできますか?

ケミカルピーリングは基本的に病院やクリニックで施術を受けるのが一般的ですが、実際にはドラックストアや通販なのでも販売されています。

市販のものを使用する歳は、ケミカルピーリング剤は「薬剤」であることを忘れては行けません。

そのため、肌に合う人と合わない人が出てくるのも当然です。

市販のものを使用する場合は事前にパッチテストなどをされることをおすすめします。

また、サンプルなどを利用すると安全でかつ、お金の無駄になりません。

ケミカルピーリングの副作用について

ケミカルピーリングは、薬剤であるがゆえに「副作用」も気になります。

具体的には、ケミカルピーリングの副作用であげられるのは「乾燥」です。

洗いすぎや、ピーリングあとのケアを間違えると、ケアどころか症状を悪化させてします。

ピーリングでの角質ケアの注意点

お肌をピーリングすることによってターンオーバー機能を再生し、古くなった角質を除去し、新しい肌を肌表面に押し上げます。

古くなった角質や傷んだ細胞は放っておくとさまざまな肌トラブルを引き起こします。

また、ピーリングは頻繁に行うと細胞を傷めてしまう可能性もありますので注意しましょう。

ケミカルピーリングの成分について

ピーリングは大きく分けて、ケミカルピーリングと呼ばれる肌に優しい薬剤(酸)を直接塗り古い角質や汚れを除去する方法と、薬剤を使用せずレーザーや粒子を吹きかける方法があります。

ケミカルピーリングは自宅でも行うことができますが、その際は使用されている酸の種類をきちんと確認する必要があります。

主な成分がリンゴ酸、クエン酸、乳酸など天然由来のものであれば刺激はすくないのですが、トリクロール酢酸やサリチル酸マクロゴールなど強力な科学物質が配合されている場合は使用を辞めましょう。

海外では使用されているようですが、日本人の肌には刺激が強すぎるとさせています。

海外製のもの、成分などの記載が英語表記のものなどは注意してください。

また、ピーリングをクリニックやエステサロンで行うからといって100%安心というわけではありません。

ビーリング効果を上げるために強力な化学物質を使用しているところも実際はあるからです。

自宅でピーリングを行う場合の注意点

自宅でピーリングをする際に気をつけたいのは、自分の肌の調子です。

いつも使っている化粧水が肌に合っていない感じがすることはありませんか。

このように肌質はさまざまな要因で変化しています。

いつもと違うなと感じたり、ニキビなど肌荒れを起こしているときはビーリングは避けましょう。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン