【ネイル初心者さん必見】ネイルの種類 はこんなにもある!メリットとデメリットもご紹介

ネイルには、さまざまな種類があります。

ドラッグストアなどで売られているポリッシュ(マニキュア)を使う方法や、主にネイルサロンなどで行われるジェルネイルなど。かかる費用や時間、仕上がりにもそれぞれ差があります。

これからネイルを始めたいと思っている方は、ネイルの種類について知ったうえで、自分に合った方法を選択しましょう。

爪がきれいに彩られていると気分まで明るくなるものです。このコラムを参考にして、ぜひネイルを始めてみてください。

ネイルには大きく分けて5種類ある

ネイルには大きく分けて5種類ある
ネイルには大きく分けて、「ネイルケア」「ポリッシュ(マニキュア)」「ポリッシュジェル」「ジェルネイル」「スカルプチュア」の5種類があります。

それぞれの特徴やメリット、デメリットについて詳しくご説明してきますので、ネイルを始める前に、参考にしてみてください。

ネイルケア

ネイルケアとは、爪のお手入れのことです。ケアには「爪の長さや形を整える」「爪の表面を磨いてツヤを出す」「甘皮を処理する」などが含まれており、ジェルネイルの施術前などにも行われます。

サロンや市販のスクラブで角質を落としたり、パラフィンパックで肌の潤いをキープしたりといったお手入れも、ネイルケアに含まれています。

<ネイルケアのメリット>

  • ・手や指がきれいに見える
  • ・自爪を大きく、きれいに見せられる
  • ・職場や学校の規則でネイルができない人でも始めやすい
  • ・ネイルポリッシュを塗る前に行うと、仕上がりがよりきれいになる

<ネイルケアのデメリット>

  • ・セルフで爪の表面を磨きすぎてしまうと、爪が薄くなってしまう恐れがある
  • ・甘皮処理には専用のツールが必要

ネイルケアをすると、手や指を自然な状態できれいに見せられるため、学校の規則などでネイルができない人でも楽しめます。

ただしセルフで行う場合には、磨きすぎて爪が薄くなりすぎてしまうなどのトラブルが発生する場合もあります。甘皮処理にはキューティクルリムーバーやプッシャーなどの専用の道具を購入する必要があるので、面倒に感じられる方もいるかもしれません。

ポリッシュ(マニキュア)

ポリッシュ(マニキュア)は、自宅などで一般的に行われているネイルケアの方法です。ドラッグストアや雑貨店などでも売られているため、一度は試してみた経験がある方も多いのではないでしょうか。

<ポリッシュ(マニキュア)のメリット>

  • ・価格が安い
  • ・ドラッグストアや雑貨店などで気軽に購入できる
  • ・カラーバリエーションが多い
  • ・除光液を使えば、簡単にオフできる
  • ・セルフで行いやすい

<ポリッシュ(マニキュア)のデメリット>

  • ・乾くまでに時間が必要
  • ・長持ちしない

ポリッシュ(マニキュア)は100円ショップや雑貨店などでも売られており、100円~購入できます。専用のショップにわざわざ出向かなくても、地域のドラッグストアなどでも購入できるので、手に入れやすいのが魅力です。除光液を使えば簡単にオフできるので、セルフで行いやすいのが特徴です。

ただし乾くまでに時間がかかるほか、長くても3日~1週間程度しか持ちません。こまめに塗りなおす必要があるので、手間がかかります。

ジェルネイル

ジェルネイルにはソフトジェルとハードジェルがあり、どちらも主にネイルサロンで行われています。ハードジェルはある程度の硬さがあるので重いストーンを乗せたい場合に向いていますが、現在行われることが多いのは軽い着け心地のソフトジェルです。ソフトジェルのメリットとデメリットについて、以下にまとめました。

<ジェルネイルのメリット>

  • ・約3~4週間長持ちする
  • ・爪の強度がアップする
  • ・ツヤのあるネイルを楽しめる
  • ・ストーンを乗せられる
  • ・すぐに乾くため、手指を自由に動かせる

<ジェルネイルのデメリット>

  • ・ポリッシュ(マニキュア)よりも高額になりやすい
  • ・専用のツールが必要
  • ・オフするのに時間がかかる

ジェルネイルなら3~4週間ほど長持ちするため、1度の施術で長期間ネイルを楽しめます。しかしUVライトやLEDライトなどが必要なだけでなく、オフするのにも時間がかかります。セルフで行う場合にはある程度の技術が必要になるので、仕上がりをよくしたい場合にはネイルサロンでプロに施術してもらいましょう。

ポリッシュジェル

ポリッシュジェルはUVライトを使って硬化するネイルの種類です。ジェルネイルとポリッシュ(マニキュア)の中間に位置するため、ポリッシュジェルと呼ばれています。

<ポリッシュジェルのメリット>

  • 爪の表面を削る必要がない
  • マニキュアよりも長持ちする
  • セルフでできる

<ポリッシュジェルのデメリット>

  • ジェルネイルほど長持ちしない
  • 専用のツールが必要
  • オフするのに時間がかかり、専用の溶液が必要

ポリッシュジェルはUVライトを使って硬化するため、マニキュアよりも長持ちしますが、ジェルネイルほどではありません。セルフでできますが、専用のUVライトや市販のポリッシュジェルを購入する必要があります。

スカルプチュア

スカルプチュアは、折れてしまった爪の強度をアップしたり、長さを出したりするなどの技術のことです。ジェルネイルはライトで硬化させますが、スカルプチュアは化学反応 で固めていくという特徴があります。

<スカルプチュアのメリット>

  • ・約2~4週間効果が持続する
  • ・爪の強度がアップする
  • ・ツヤが出る
  • ・すぐに乾くため、手指を自由に動かせる

<スカルプチュアのデメリット>

  • ・ポリッシュ(マニキュア)よりも高額になりやすい
  • ・専用のツールが必要
  • ・オフするのに時間がかかる

スカルプチュアなら爪の強度がアップするだけでなく、長さ出しが可能なため、爪が弱くて長く伸ばせない方でも始めやすいです。しかし安価で購入できるポリッシュ(マニキュア)よりも高額になりやすく、専用の道具が必要になります。セルフで行うことは難しいため、サロンでプロに施術してもらうのが一般的です。

ネイルを始めてきれいな指先を目指そう

この記事では、ネイルの種類ごとに特徴や、メリット・デメリットを解説しました。目指したい爪のイメージや予算などを考慮したうえで、自分に合った方法を見つけてください。

どの方法でも、爪や指を今よりもずっときれいに見せられます。指先をきれいに整えて、イメージチェンジしましょう。

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン