マリオネットラインの原因は?改善法や目立たなくするメイク術もご紹介

「口の周りにシワができて老けて見える」

「マリオネットラインを目立たなくするにはどうすればいいの?」

とお悩みの方は少なくありません。

マリオネットラインができると、顔が疲れて見えたり老けた印象になったりします。

そこで今回の記事では、マリオネットラインの原因や改善法、目立たなくするためのメイク術などについてご紹介します。マリオネットラインにお困りの方や、マリオネットラインを予防したい方はぜひ参考にしてみてください。

マリオネットラインとは

マリオネットラインとは、その名の通りマリオネット人形の口元のようなラインのことです。口角の端から顎にかけての溝のことで、ほうれい線の下部分にできるので「二重ほうれい線」とも呼ばれます。

マリオネットラインは加齢によって目立ちやすくなりますが、加齢のほかにも生活習慣などさまざまな原因で出現します。マリオネットラインが目立つと、顔全体が実年齢よりも老けて見られやすいです。

マリオネットラインができる原因

マリオネットラインができる原因としては、以下のようなものが挙げられます。

頬のたるみ
口角下制筋のたるみ
広頚筋のたるみ

加齢などによって上記のような筋肉がたるんでいくと、周辺の皮膚が垂れ下がり、シワが目立ちやすくなります。また顔に脂肪が付きすぎている場合も、頬がたるんでマリオネットラインができやすくなります。

マリオネットラインができやすい5つのNG生活習慣

ここからは、マリオネットラインの発生を招くNGな生活習慣についてご紹介します。

口角を動かしていない


日常的に口角が下がったまま動かない方は、口周りの筋肉を使う機会が少ないのでマリオネットラインができやすいです。笑顔が少ない方や表情を作るのが苦手な方、口をへの字に曲げてしまう方などは注意しましょう。

最近ではコロナ禍により、マスクをつけて生活している方が増えました。このことにより表情を動かす機会が激減し、顔の筋肉が衰えている方が多くなっています。顔の筋肉が衰えると、マリオネットラインだけでなくゴルゴラインやブルドッグラインなどの原因にもなります。

姿勢が悪い


普段から悪い姿勢が癖になっている方は、マリオネットラインができやすいといわれています。なぜなら、悪い姿勢によって口周りの筋肉がゆるんでしまう恐れがあるからです。とくにストレートネックや猫背の方は、顔が下を向くことで頬の皮膚が垂れ下がりやすくなっています。

紫外線のダメージを受けた


外出時に紫外線対策をせず、お肌がダメージを受けることでマリオネットラインができる可能性もあります。紫外線は、美肌成分であるエラスチンやコラーゲンなどを破壊します。紫外線のダメージによってお肌のハリが衰えると、皮膚がたるんでマリオネットラインが目立ちやすくなってしまうので注意しなくてはいけません。

噛み癖が悪い


食事の際に片方の歯だけで咀嚼している方は、マリオネットラインができやすい傾向にあります。なぜなら左右で筋肉のバランスが崩れてしまい、頬がゆるみやすくなるからです。マリオネットラインを防ぐためには、普段から両方の歯でバランスよく噛むように意識しましょう。

過度なダイエットをしている


短期間で急激なダイエットをすることも、マリオネットラインができる原因となります。とくに紫外線のダメージや老化などで皮膚が弱っているときに無理なダイエットをすると、脂肪の減少に皮膚が追いつかずたるんでしまい、マリオネットラインが目立ちやすいです。

マリオネットラインを改善させる5つの方法

ここからは、マリオネットラインを改善させるための方法についてご紹介します。

口角下制筋のマッサージ

口角下制筋とは、口角を下げるときに使われる筋肉です。この筋肉が凝り固まると、への字の状態が固定されてしまいます。口角下制筋をほぐすためのマッサージの手順は、以下の通りです。

中指と人差し指を口角に当てる
やさしく左右に揺らすようにマッサージする
顎に向けて徐々に動かしながらマッサージを繰り返す

このマッサージを習慣にすることで、口角下制筋がやわらかくなって口角を上げやすくなります。

口輪筋エクササイズ

口輪筋とは、口周りを囲むように位置する筋肉です。口輪筋を鍛えることで、皮膚がしっかりと持ち上げられてマリオネットラインが目立ちにくくなります。口輪筋を鍛えるエクササイズの手順は、以下の通りです。

空にした500mlのペットボトルを準備する
口を「オ」の形にする
歯を使わずにペットボトルをくわえ、10秒間キープする

このエクササイズに慣れてきたら、少しずつペットボトルの中に水を入れて重量を増やしていきましょう。

ツボ押し

マリオネットラインに対するセルフケア方法として、ツボ押しもおすすめです。マリオネットラインに効果が期待できるツボとしては、以下のようなものが挙げられます。

夾承漿(きょうしょうしょう):唇の下のへこんでいる部分から1.5cmほど外側に位置する
地倉(ちそう):口角のすぐ外側に位置する

上記のようなツボを指で押して5秒間程度キープします。このツボ押しを5回ほど繰り返しましょう。力を入れすぎず、「イタ気持ちいい」と思える強さで指圧するのがポイントです。

美顔器を使う

マリオネットラインにアプローチする方法として、美顔器を使用するのもおすすめです。美顔器は、大まかに分けて以下のような種類があります。

超音波タイプ:老廃物の流れを良くしてむくみにアプローチする
EMSタイプ:電流によって筋肉を刺激する
ラジオ波タイプ:お肌の弾力やハリアップを目指す

マリオネットラインの解消には、いずれのタイプも適しています。また異なるタイプを組み合わせて使うことで、お肌にさまざまな刺激を与えられるでしょう。

美容医療の施術を受ける

セルフケアだけではマリオネットラインを十分に解消できない場合は、美容医療の施術を受ける方法もあります。マリオネットラインに対する治療法としては、皮膚を切る治療と切らない治療の2種類があります。

症状や予算などによって適切な治療方法は異なるため、詳しくはクリニックに事前に相談しましょう。

マリオネットラインを予防する4つのポイント

ここからは、マリオネットラインを予防するためのポイントについてご紹介します。

口角を上げる


マリオネットラインを予防するためには、普段から口角を上げるように心がけることが重要です。口角が下がった状態が続くと、頬や口周りの筋肉が凝り固まり、皮膚が垂れ下がっていきます。

口角を上げるためには、笑う習慣をつけるのがおすすめです。笑うのが苦手な方は、鏡を意識的に見て自分の表情をチェックする癖をつけるだけでも、表情に変化が生まれるでしょう。口角を上げる予防法は、誰でもすぐに始められる方法なので、ぜひ試してみてください。

保湿する

マリオネットラインを予防するためには、お肌をしっかり保湿するのも重要です。お肌が乾燥すると、マリオネットラインに限らず、さまざまな不調が生じます。お肌の水分が足りていないと、たるみやシワができやすいだけでなく、紫外線などのダメージを受けやすいです。

とくに歳を重ねると、次第にお肌は乾燥しやすくなるので、加齢によるマリオネットラインの出現を防ぐためにも、念入りに保湿をする習慣をつけましょう。

紫外線対策をする

紫外線は、マリオネットラインが目立ちやすくなる大きな原因です。マリオネットラインを予防するためには、外出時に日傘をさしたり帽子をかぶったりするなど、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

なお紫外線は夏場だけでなく、1年中降り注いでいます。冬で日差しが強くない時期にも、紫外線対策はしっかり行いましょう。

良い姿勢を保つ

前述したように、悪い姿勢はマリオネットラインの原因となります。俯きがちな姿勢を続けることで、顔の皮膚が垂れ下がっていくからです。マリオネットラインを予防するためにも、普段からいい姿勢を心がけましょう。

とくに猫背やストレートネックの方は、姿勢の癖を改善できるように意識してみてください。また頬杖をつく癖がある方は、頬の筋肉バランスが左右で崩れやすいです。筋肉のバランスを整えるためにも、頬杖をつかないように気を付けましょう。

マリオネットラインを目立たなくするためのメイク術

マリオネットラインは、メイクの工夫によってある程度目立たないようにできます。ここからは、マリオネットラインを目立たなくするためのメイク術についてご紹介します。

チークの位置に気を付ける

マリオネットラインによって頬が垂れ下がって見えてしまう場合は、チークを高めの位置に入れるのがおすすめです。頬の高い場所からスタートして、斜め上方向に向けてチークを自然につければ、フェイスラインが上がって見えるので、マリオネットラインが目立ちにくくなります。

若々しい印象を演出したい場合は、チークの色にもこだわりましょう。明るめのオレンジ系などがおすすめです。

シワ部分にハイライトを入れる

シワが目立っている部分に、さりげなくハイライトを入れるのもおすすめです。ハイライトによってお肌が明るい印象になり、マリオネットラインが強調されにくくなります。

ただし、ハイライトは薄めに入れるように注意しましょう。シワを隠したいからといって濃く入れると、ハイライトが主張してメイク全体のバランスが崩れてしまう恐れがあります。メイクの仕上がりを邪魔しないためにも、マリオネットラインの先端である口角あたりに少しだけ入れるよう意識してください。

リップライナーで口角を上げる

口角が下がりがちな方は、それだけでマリオネットラインが強調されやすくなります。マリオネットラインを目立たなくするためには、リップライナーを用いて口角を少し上げるように描いてみましょう。

ただし長めに書きすぎると不自然に見えてしまうので、さりげなくラインを入れるよう意識してみてください。リップライナーの使用に抵抗がある方は、コンシーラーを用いて口角の気になる部分をカバーするのもおすすめです。

まとめ

今回は、マリオネットラインの原因や対処法などについてご紹介しました。老けて見えてしまうマリオネットラインを改善させるためには、スキンケアや生活習慣を見直すことが重要です。マリオネットラインを目立たなくして、若々しい見た目をキープしましょう。

カテゴリで絞り込む

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン