すべすべの肌を手に入れたい!手の甲の毛穴が目立つ理由と対処法をご紹介します

意外と人から見られやすいのが手の甲です。

しかしブツブツ毛穴が目立っていると、清潔感がダウンして他人からのイメージもよくありません。

なかには、「たくさん毛が生えているわけでもないのに、どうして手の甲の毛穴は目立つの?」「産毛を剃っても毛穴の黒ずみが解消しない」と悩んでいる方もいらっしゃいます。

そこで今回は、手の甲の毛穴が目立つ理由と対処法をご紹介します。毛穴が目立たなくなり、肌がすべすべになれば、自信を持って人に手を見せられるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

手の甲の毛穴が目立つ理由

よく手の甲を見てみると、毛穴が目立っていませんか。顔のケアは毎日入念にしていても、手の甲のケアまではしっかり行き届いていない方が多いです。

手の甲の毛穴が目立つ理由には、以下の3つが考えられます。

手の甲の毛穴が目立つ理由

  • ・保湿不足
  • ・誤った方法での産毛処理
  • ・日焼け

毛穴は乾燥して潤いが不足すると広がっていき、広がった毛穴に汚れが入り込むと黒ずんで見えます。

ムダ毛を処理するときに肌を傷つけてしまうと、さらに毛穴が広がっていきます。特に気を付けたいのが毛抜きでの処理です。毛を無理やり引っ張ると、毛穴が傷つき肌にダメージを与えます。開いた毛穴に汚れや雑菌が入り込むと、黒ずみや肌トラブルの原因になるので、毛抜きの使用はおすすめできません。

日焼けも手の甲の毛穴を目立たせる理由のひとつです。

手の甲は普段から露出している部分のため、日焼けしやすい部位のひとつです。日焼けによって肌が乾燥すると毛穴が開きやすくなり、黒ずみが目立ちやすくなります。

日焼けはメラニンの生成を促すため、シミやしわの原因にもなりますので、すべすべ肌の大敵ともいえます。

手の甲の毛穴をなくす方法

手の甲の毛穴をなくすためには、「保湿」「肌への負担が少ない方法でのムダ毛の自己処理」「日焼け対策」が欠かせません。

肌が乾燥すると毛穴が開きやすくなるため、定期的にハンドクリームを使って保湿するようにしましょう。特に乾燥しやすい秋~冬の寒い季節にかけてはバッグにハンドクリームを入れて常に持ち歩き、頻繁にケアするのがおすすめ。クリームをマッサージするように塗り込むと、血行促進の効果も期待できます。

前項では毛抜きでの自己処理がNGだとご紹介しましたが、自己処理におすすめのツールは電気シェーバーです。肌に直接刃が当たらないため、肌への負担を最小限に抑えながらムダ毛を処理できます。処理を手間に感じている方には脱毛もおすすめです。

短時間の外出でも日焼け止めクリームを塗り、紫外線対策を怠らないことも大切なポイントです。乾燥を防ぎ、メラニンの生成を抑制するためにも、こまめにケアをして肌を守りましょう。

毛穴をなくしてすべすべの肌を手に入れましょう!

顔はメイクをするときに鏡で頻繁にチェックしますが、手の甲や指をじっくりと見る機会はそこまで多くありません。適切なケアをしていないと、毛穴の開きや黒ずみが目立ちやすくなります。人に手を見られるのが恥ずかしくなったり、自分に自信が持てなくなったりするでしょう。

手の甲の毛穴は日常的な工夫と努力で目立たなくなります。まずは肌の大敵でもある紫外線を防ぎ、肌に潤いを与えて毛穴の開きを抑えましょう。産毛の処理方法を見直すことも重要です。肌への負担を最小限に抑えることで、毛穴も目立ちにくくなっていきます。

日頃のケアで手の甲の毛穴を目立たなくさせて、すべすべの肌を手に入れましょう。

カテゴリで絞り込む

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン