ほうれい線を消す方法は?目立ってしまう原因についてもご紹介

頬に目立ちはじめたほうれい線が気になっている方は、少なくありません。
ほうれい線があると、顔全体が暗く見えたり老けて見えたりします。若々しい肌を保つためにも、ほうれい線を目立たなくしたいと思っている人は多いものです。

そこで今回は、ほうれい線ができる原因や、消すためのポイントについてご紹介します。ほうれい線にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ほうれい線ができる4つの原因

ここでは、ほうれい線ができる原因についてご紹介します。

頬がたるんでいる

ほうれい線の正体は、頬のたるみです。運動不足などによって頬の筋肉量が低下すると、次第に頬が垂れ下がっていきます。頬のたるみは、偏った食生活や無理のあるダイエットなどによっても引き起こされます。

肌が乾燥している

ほうれい線が目立つ原因として、肌の乾燥も挙げられます。肌が乾燥していると、ほうれい線が動くたびにシワが残りやすくなります。とくに冬の時期は肌が乾燥しやすいので、保湿ケアを怠らないようにしましょう。

スキンケア方法が誤っている

普段のスキンケア方法が誤っていると、かえって肌にダメージを与えてシワができやすくなります。お風呂で洗顔をするときに、強い力でこすりすぎると肌の表面を傷つけてしまいます。また、スクラブケアをしすぎると、角質層を傷つけてほうれい線ができやすくなるので注意しましょう。

片側ばかりで咀嚼している

ほうれい線ができる原因として、食事のときに片側の歯で噛むことも挙げられます。片方の口で噛むクセがあると、顔の筋肉バランスが崩れてほうれい線が目立ちやすくなります。こうした事態を防ぐためにも、両方の歯でバランスよく噛むように心がけましょう。

ほうれい線を消す4つの方法

ここからは、ほうれい線を消すためのポイントについてご紹介します。

コラーゲンの生成を促す化粧品を使う

ほうれい線を目立たなくするためには、コラーゲンの生成を促して肌のターンオーバーを正常に戻すのが重要です。そのために、ビタミンC誘導体やレチノールが含まれた美容液やクリームなどを積極的に取り入れましょう。

抗酸化力に優れたポリフェノールや、血流をスムーズにする効果が期待されるビタミンEなどの成分もおすすめです。

顔回りのエクササイズをする

顔回りのエクササイズを行うことで、顔の筋肉を鍛えてたるみを防ぐことが可能です。エクササイズは、以下の手順で行いましょう。

ペットボトルの蓋に少し水を入れる
歯を使わずにその蓋を唇で咥えて、持ち上げる
その状態で10秒ほどキープする
同じ動きを3回ほど繰り返す

慣れてきたら、蓋に入れる水の量を増やしていきましょう。ただし何らかの痛みなどを感じたら、すぐに中止してください。

ほうれい線のマッサージをする

リンパの流れを良くするために、ほうれい線のマッサージを行うのもおすすめです。マッサージは、以下の手順で行いましょう。

頬骨の下部分、小鼻の横あたりに親指を当てる
親指を頬骨に沿って外側へやさしく移動させる

このマッサージは、1日2分ほど行うのがおすすめです。親指を移動させながら、3秒ずつぐらいでやさしく押し上げるイメージで進めましょう。

参考(外部サイト) : これで迎え撃つ!ほうれい線に効く、マッサージのやり方【プロ解説】 | 美的.com

表情筋を鍛える

ほうれい線は筋肉の衰えによって引き起こされるので、表情筋を鍛えることが改善につながります。仕事中や移動中など、表情が固まりやすい場面で口角を上げるよう意識してみてください。こうするだけで、表情筋が適度に刺激されます。

まとめ

今回は、ほうれい線ができる原因や消すためのポイントについてご紹介しました。ほうれい線を消すためには、スキンケアやエクササイズを行うのが効果的です。今回ご紹介した対処法を試して、若々しい肌をキープしましょう。

カテゴリで絞り込む

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン