美容室での着付けの『いろは』。すべて教えます!

成人式や卒業式、子供の入学式、親戚の結婚式で着物を着用する機会はありますが、その中で多くの方は自分で着付けできないのが現状です。

そんなときに役立つのが美容室で着付けをお願いすることです。

しかし中には着付けをしてくれない美容室もあるので注意が必要です。

基本的に美容師免許を持っている人は着付けもできるのですが、技術には差がありますし、下手な人が担当するときつく締め付けられすぎて窒息しそうになったり、逆にすぐ崩れてしまったりします。

なお、きつい場合は言えば調整してもらうことができますから遠慮なく申し付けてください。

さらに美容室で着付けを依頼したトラブルも多く、たとえば肌着が前開きではなく着物が脱げない、トイレに行かずに着物を着たため大変なことになった、小物類が足りなかったという事があります。

着物に慣れていない方に多く見られるトラブルですが、美容室側から指示されたものを持っていく、注意事項を聞いておくことは欠かせません

なお美容室では着付けと一緒にヘアメイクもしてくれる場合が多々あります。

特に大切な日に着物を着る場合は事前にリハーサルをしておき、イメージをつかんでおくことも大切です。

着物に似合うヘアメイクは中々自分では分からないし、できないことも多いので、リハーサルをした上で、必要なかんざし類などを用意しておくと良いでしょう。

着物自体は自身で用意してもいいですし、美容室でレンタルしてくれる場合もあります。

子供の行事のたびに着物を着たいのなら色留袖を自分で用意しておくのも良いですし、親戚の結婚式で1回しか着ないのならレンタルを利用しても良いでしょう。




美容室で着付けをお願いする際に注意することとは?

美容室で着付けをお願いする際の注意

美容室で着付けを依頼する際には注意点もいくつかあります。

覚えておくと良いでしょう。

まず気をつけたいことが、美容室から持ってくるように指示されたアイテムはすべて持参するということです。

着付けには本当に数多くの小物が必要で、たとえば成人式できる振袖には襟付きの長襦袢、襟付きの肌襦袢、裾よけ、組みひもに腰紐、伊達締めに着物用ベルト、襟芯、帯仮、帯枕、帯揚げに帯締め、仮紐、足袋、タオルと一度では覚え切れないほどあります。

では夏に着たい浴衣はというと、組紐に伊達締め、着物用ベルトに半幅帯、タオルが必要です。

なお着物はレンタルしてくれる場合もありますが自分で用意しなければならない場合もありますし、帯、草履、着物用下着もあるといいでしょう。

これらのものを1つでも忘れると美容室では着付けをしてもらうことができません。

忘れたから買おうと思っても、美容室は着物屋ではありませんからこれらの道具を販売していないのです。

稀に準備されている美容室もありますが、成人式用着物の販売とレンタルをしているところだけです。

ですから必要なものをしっかり把握し、事前に準備しておくことが大切なのです。

他の注意点としては着付け前にトイレに行っておくこと、満足のいく着付けとヘアメイクをしてもらう
ために事前にリハーサルを受けることなどがあります。

着物は普段着ない人が多いです。

イメージもつかみづらいものですが、リハーサルをしておくことで当日に「失敗した」と後悔することもないのです。

成人式の着付け

成人式に出席する女性二人組

成人式に着る振袖の着付けは、現在ほとんどの家庭で行う事が出来ないためを美容室に通うのが当たり前です。

そして成人式当日は人気美容室が非常に混み合うため必ず予約を取らなければいけません。

成人式会場は住む地域によって違いますが、1箇所の美容室に大勢の女性が殺到すれば美容室も回りません。

そのため美容室は成人式の日だけスタッフを増員し対応しますが、それでも着付けできる人数には限りがあります。

予約のタイミングを逃し、気がついたときにはもう成人式まで1週間を切ってしまい、電話をかけたものの予約が取れなかったことも少なくないようです。

それから成人式の着付けを美容室に頼むときはヘアメイクも一緒にしてもらえるのかチェックしましょう。

着付けだけでヘアメイクは自分でするよう指示する美容室も珍しくありません。

ですが自分でヘアメイクすると単純な髪形になってしまったり、綺麗にまとまらなかったりします。

ヘアメイクまできちんと仕上げたいのであればヘアメイクコミで着付けしてもらえる美容室を探しましょう。

予約の際は当日持参するもの、たとえば襦袢や着物、帯、小物類など何が必要か聞いておきましょう。

振袖を着るためには非常に多くのアイテムが必要ですから1つでも聞き逃すと当日成人式に振袖で参加できないことになりかねません。

美容室には着物グッズは販売していませんし、髪の毛につけるアクセサリーも用意しなければならないことが多いので注意してください。

美容室で気持ちのいい着付けをしてもらい、素敵な成人式にしましょう。

卒業式の着付け

卒業式のための袴をきた女性のヘアアレンジ

卒業式で着るものは袴という方は多いですが、袴は着物以上に着慣れていない人が多く、着付けも自分では難しいものです。

そこで美容室にお願いして袴の着付けをしてもらうのですが、振袖とは勝手が違うので注意が必要です。

袴は大学の卒業式くらいしか着る機会がないため、大抵レンタルで美容室とは別の場所で借りることがあります。

レンタル業者と提携している美容室が大学の構内で着付けをしてくれるなら簡単に済みますが、レンタル袴を受け取って美容室に持込をする、レンタル屋まで赴いて着付けしてもらい、公共交通機関で会場へ行くことも多くあります。

その場合は着崩れしないように注意が必要ですし、人ごみがひどい場合はヘアメイクも崩れてしまいます。

また脱いだ私服やバッグ類をレンタルショップあるいは美容室に預け卒業式に参列することもありますので、荷物の管理もしなければなりません。

卒業式前に着付けをしてもらう流れ、卒業式後何時までに返却をしなければならないのか、1日の流れを前もって確認しておきましょう。

美容室も当日はスタッフ総出で対応してくれますが、あまりに人数が多いため思ったとおりの姿にならないこともあります。

避けるためには事前にどんな髪型が良いかリサーチし、写真を切り取るなどして当日美容師さんに渡しましょう。

また髪飾り類も用意しなければならない美容室がありますので、当日必要なものを事前にしっかりチェックしておいてください。

結婚式の着付け

結婚式に出席する着物をきた女性の足元

結婚式に着物を着用して参加される方も少なくないですよね。

日常生活でそんなに多くない行事の結婚式に呼ばれ、せっかくだから着物で出席しようと考えるなら、着物の種類と年齢にあった髪型を考えましょう。

招待状を受け取り、出席の返事を出して早めに美容室に予約を取り、リハーサルをお願いするとスムーズに行きます。

なぜリハーサルが必要かというと、当日になって思っていた髪型ではなかったというトラブルがあるからです。

結婚式は花嫁が主役なんだから自分は別に気を使わなくてもいいじゃないか、という人もいますが、意外と来客は服装や髪型、持ち物を見られているものです。

ましてあなたの親戚の結婚式なら、新郎あるいは新婦がだらしない人と捉えられてしまうかもしれませんし、友達の結婚式なら選ぶ目がない人と思われるかもしれません。

それから歳相応の着物と髪形を選ぶ必要があるのですが、まだ未婚で20代前半であれば振袖も赤やピンクといった目立つ色に髪型も巻いたり盛ったり若々しくすることができますが、30代になるとたとえ未婚であっても落ち着いた女性像が求められますので、色も青や黒系にし、まとめ髪にした方が常識ある大人の女性と捕らえられます。

結婚されているという方もやはり落ち着きのある色留袖にしておくのが無難です。

結婚式で美容室に着付けしてもらう際は着物はレンタルでも自分で用意するにしても、必ず当時積もっていくものを確認しましょう。

着物を着るときは意外と小物類が多いので、一つでも忘れると着付けができなくなります。

入念なチェックを怠らず、結婚式にお祝いの気持ちを持って臨めるようにしましょう。

七五三の着付け

七五三の着物を切る可愛い女の子

七五三に着物で参加したい場合、子供の着物であれば何とか自分で着付けしてみようという親御さんも多いようです。

ですが男児袴と違い、女児振袖の場合は帯の締め方もいろいろとありますから、やはり親子一緒に美容室で着付けしてもらうことが多くなります。

美容室では七五三にあわせて着物の着付けの予約を受け付けており、11月15日近辺は特に混み合います。

ですから多くの人が参拝する11月15日に七五三参りをしたい方は早めに予約を入れておく必要があります。

親子で一緒に着物で参列したい家庭も多く、子供も親も一緒に着付けとなれば時間も倍になりますし、お子さんのほうは軽く紅を挿す程度のメイクですが、母親の方がヘアメイクも含めて全体をお任せしますから、母親の準備中に子供が飽きないようにする工夫も必要です。

写真を撮りたい場合は写真館で着付けも含めて着物レンタルしてくれることがあります。

着たい着物を選んで着付けしてもらい、ヘアメイクもしてもらってそのまま神社へ行くのです。

注意点としてお子さんはトイレが大人より近いので、着付け前にトイレを済ませましょう。

そもそも七五三というのはお子さんの成長を感謝するために参拝する行事です。

古代日本で行われていた袴着の儀式や学問はじめ、帯始めなどが期限となっていますから主役はあくまでお子さんです。

親御さんも気合いが入るのは分かりますが、主役はお子さんですのでしっかりお子さんのことを一番に考えてあげましょう。

浴衣の着付け

浴衣を着た女性二人組

着物以外に実は浴衣も美容室で着付けをしてくれるのをご存じですか?

花火大会やお祭り、盆踊りにあわせて浴衣を伸張した方も多いですが、自分で着付けできる女性は少ないのが現状です。

街中を歩く女性を見てみると、裾が曲がっている、足首が出すぎている、地面に裾がつきそうなくらい長い、帯の結び方がおかしいように人目で自分で着付けしたと分かる女性も大勢います。

彼氏と花火大会に行くから綺麗に浴衣を着たい、というときは美容室にお願いするのが便利です。

美容室で着付けというと成人式や卒業式の着物というイメージが強いのですが、浴衣の着付けも行ってくれる美容室はたくさんあります。

しかもヘアメイクもしてくれますから髪型も綺麗に決まりますし、良いことだらけです。

浴衣の季節ならそんなに混み合わないだろうし、飛び込みでも良いだろうと思う方も多いのですが、意外と夏の美容室は混んでいます。

特にお祭りの日程が2~3日に限られている場合や1日限りの花火大会、盆踊りの場合はその日めがけて予約が殺到しますから、早めに予約をしなければなりません。

美容室に浴衣の着付けを予約すると、持ち物を言い伝えられますので忘れないように当日までに準備しましょう。

また浴衣は自分で用意しなければならないと美容室が大半ですから、浴衣レンタルをしてもらえる美容室を探すのは難しいかもしれません。

ですが浴衣は毎年切ることができますから、この機会に浴衣や下駄、巾着など一式そろえてみてはいかがでしょうか。

湯方の着付けに慣れていない、初めてだという方は美容室を利用してみるといいでしょう。

美容室の着付けの相場は?気になる料金について覚えておきたい事

着付けの相場

成人式や大学の卒業式などに、着物や袴を着付けしてもらいたい、と美容室に頼むこともあるでしょう。

最近では着付けが出来る人も少なくなっており、美容室に頼む人が多いのです。

さて、そんな時に心配なのは着付けの料金です。

一体いくらくらいかかるものなのでしょうか?着付け後にヘアも一緒にすればいくらかかるか気にかかります。

まず七五三の場合、一般的には5,000円程度となっています。

出張、訪問で自宅で行う場合は別途料金が取られるようになっています。

また早朝や夜間でも時間外料金が取られることがあります。

さて、では大人の成人式や袴の場合、どれくらいの料金を取られるのでしょうか?ピンキリになりますが、1万円前後とみておいて良いでしょう。

ヘアセットこみの場合も多いので、ヘアセットときつけをセットにしたほうがリーズナブルである場合が多いです。

こちらも早朝の場合はプラス1,000円など、別途料金がかかることが多いです。

ヘアセットときつけ合わせると一般的には1万円前後、13,000円の場合が多いようです。

しかしその髪型や髪の長さによっても料金が多少違ってきますから、それは美容室に確認しておいたほうが良いでしょう。

クーポンなどを使うともっとリーズナブルに着付けやヘアセットをすることが出来ますからオススメです。

大学生の場合は通学に時間がかかるケースもありますので、早朝料金が加算されることが多いです。

卒業式に遅れてはいけませんから、通学の時間を逆算して、多少余裕をもってきつけしてもらうと安心です。

着付けはプロにお任せ。だけど、下調べは十分に!

電話中の着物をきた女性

いかがでしたでしょうか?

お茶や踊りなど、習い事をしていない限りは、着付けをする機会なんて長い人生で数えるほどではないでしょうか。

自分で着付けにチャレンジするのもよいですが、普段やっていないことがそう簡単にできるわけはありません。

失敗するのが嫌な人は、美容室でプロにお任せすることおすすめします。

ただし、相手はプロと言えど、必ずしも自分の思い通りにしてくれるわけではありません。

美容室にお願いする前、実際に行く前に十分に下調べをしておくことが重要です。

着付けができる美容室を探す場合、ホットペッパーなどで特集が組まれているので参考にしてみてください。

着付けができるサロンを探す

着付けは数少ないイベントだけに、後悔しないようにしたいものですね!


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン