脱毛クリニックと脱毛サロン、あなたは違いがわかりますか?

脱毛をしようと考えた時に、同じ部位なのに料金に大きく差があることと感じた人はいますか?
あなたが比較して見ていたのは、”クリニック”と”サロン”を比較していたのかもしれません。

医療機関の脱毛は何が違う?

脱毛クリニックと言うと、エステサロンと勘違いする人もいますが、”クリニック”というと医療脱毛を受けることができる医療機関となります。
「クリニック」「美容外科」「皮膚科」で呼称される所での脱毛は、列記とした医療機関です。
それとは別に「脱毛サロン」「エステサロン」での脱毛は、医療機関ではありません。

医療機関で行われる施術は、きちんとした資格を有する医師が施術を行います。

主な施術方法はレーザーや電気針です。
どちらも毛根に強い刺激を与え、ムダ毛を再生不可能な状態にします。
刺激や効果が強いぶん、施術時の痛みも強いものとなります。
そのため、痛みが我慢できない人や、強い痛みが出る部位などには、麻酔も使用されます。

一方、脱毛サロンでは出力の弱い光を使用します。
その分、肌へのダメージも少なく刺激や痛みも弱いのが特徴です。
刺激が弱い分、効果も医療機関と比べると下がります。

料金設定の違いについて

施術料金という点で見た場合、サロンの方が安い料金で施術してもらえます。

しかし長期的に見たとき、効果が持続する期間を考えると、結果的にみると医療機関での施術の方が割安になるというケースもありえます。
医療機関で永久脱毛の施術を行った人の中には効果が20年持続したという方もいます。
20年は少し特別かもしれませんが、10~15年は確実に施術を受けたままのツルツルな肌が持続します。

脱毛サロンで受ける光脱毛の効果は、長くて5年程度と言われています。

医療機関でもサロンでも、施術後も毛が生えてきます。
ただ一度脱毛処理を行った場合、次に生えてくる毛はもともとの毛よりも薄く、毛自体も細くなるといわれています。

効果が長く続く医療機関は、長期間で考えると最も手間がないと考えられるでしょう。
直近の資金を抑えたい場合は脱毛サロン、長期的な効果を期待するのであれば医療機関であるクリニックがおすすめと言えるでしょう。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン