自宅で脱毛するなら、何がおすすめですか?

脱毛に関心を持っている人が最初に考えるのは、「自宅で施術するには何が良いのか?」ということではないでしょうか。

「自宅で脱毛したい」と思っても、対象の部位、施術の方式、費用など様々な側面から、検討しなければいけません。

一般に良いとされている脱毛の方法でも、あなたの体質に合わないこともありますし、この方法が一番と思っていても自分が知らなかっただけで、より良い方法があること多々あります。

そんな自宅での脱毛について、悩んでいる人向けに纏めてみました。

ぜひ自分にあった脱毛方法を、見つけてください。

カミソリを使った脱毛について

自宅で脱毛といえば、誰もが経験があるのがカミソリではないでしょうか。

費用や手軽さといった面で、群を抜いていることから、最初に試す人が多いです。

しかし、一つ間違えるとさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまい、場合によっては長く跡に残る傷をつけてしまうこともありますので注意が必要です。

カミソリ脱毛の特徴

いきなり刃を肌に当てるのは、おすすめできません。
最初にやるべきことは、あなたの肌状態のチェックです。

肌荒れやでき物がある状態は使用を控えてください。

カミソリは鋭利な刃が肌表面をなぞり毛をカットしていく方法です。
剃毛の際、肌表面の古い角質層もはがれ、それまで古い角質層で守られていた初々しい肌が肌表面に現れます。
初々しい肌は刺激にも弱く汚れや殺菌にも敏感に反応します。

カミソリ負け炎症の原因にもなるますので使用前は、肌を清潔に保ちましょう。

カミソリ負けとは、剃毛の際に必要以上の皮膚を剃り落としてしまうことで、 出血・かゆみなどの炎症を起こしてしまう事象のことを言います。
剃毛後に肌がヒリヒリした状態になってしまうのも、カミソリ負けの一種です。

汚れや雑菌がついた刃を使用しても同じことが言えるので、肌だけでなくカミソリも清潔に保つことを忘れないでください。

カミソリ前には十分なケアを

脱毛前ですが肌を温めたり、シェービング用のジェルやクリームを塗るなど、肌ケアを行ってください。

脱毛前に肌を温めると、肌と毛が柔らかくなり刃の刺激を受けにくくなります。
ジェルやクリームをつけるのも、肌への負担を和らげるためです。

カミソリの種類

カミソリにはいろいろな種類があります。

脚や腕用のカミソリで顔を剃ると思った以上に力が入ったり、刃の滑りが良すぎて肌表面で滑ったりします。
1つのカミソリで全部位を行うこともできますが、やはり部位専用のカミソリを使うことをおすすめします。

基本部位を剃るときの注意

頻繁に脱毛する部位として脚や腕、ワキがあります。
脚や腕は必ず上から下へ刃を当てるようにしてください。

下から上に刃を当てる「逆剃り」は、キレイにそれたように見えますが、刃で毛穴を傷つけていることがほとんどです。

安く簡単に施術できるといった理由から、カミソリで脱毛する方は多いです。
ただ、人によってはカミソリ負けをしてしまうことも多く、脱毛ができても肌がひどく荒れてしまうトラブルも多く発生しています。

また、カミソリでカットした毛は、すぐにまた伸びてきます。

誰でも簡単に施術できるがゆえに問題も多く抱えていますので、十分注意して利用するようにしましょう。

クリームを使った脱毛について

クリームを使った脱毛について

痛みを感じず、肌を傷つけずに脱毛できる方法として知られているのが脱毛クリームを使った施術です。
また、誰でも簡単に除毛できるというのが大きな特徴です。

脱毛クリームの特徴

クリームを使った脱毛は、とても簡単です。

アルカリ性のクリームを除毛したい部分に塗り数分放置すると毛が溶けだします。
その後、クリームをふき取り最後に洗い流すと完了です。
毛を溶かして除毛するので、毛を引っ張るような痛みは一切ありません。

除毛が完了するまでの所要時間として目安は5~10分です。
少々時間はかかりますが、手順はとても簡単でクリーム以外用意するものはタオルのみです。
また処理後の間隔は3~4日開けることが望ましいとされています。

脱毛クリームは毛根を刺激して毛の発育を抑制する働きはありませんので、除毛後はいつもと同じように毛が生えてきます。

成分が反応するのは肌表面にある毛のみですので、除毛時はまだ肌の内側にあった毛もすぐに肌表面に現れます。
すぐに毛が生えてくるので一見脱毛クリームの効果は低いと思われがちです。

脱毛クリームの価格

価格は1本1,000円前後が最も多い価格帯ですが、除毛に加え抑毛や減毛効果が期待される物は1本3,000円前後で売られています。
薬局やドラッグストアなどでで、誰でも簡単に購入することができます。

脱毛クリームのメリット、デメリット

脱毛クリームを使うメリットは、カミソリや毛抜きにくらべて毛穴への刺激が少ないことです。
毛を溶かして除毛するため毛穴を広げたり傷つける心配はありません。
また、使用方法が簡単で即効性があることもメリットと言えます。

デメリットは、デリケートゾーンと呼ばれるVライン、Iライン、Oラインなど肌が敏感な場所には使用できないことです。
肌に優しいとはいえ毛を溶かす薬品ですので頻繁に使用することはおすすめできないことです。

脱毛クリームを利用する場合は、成分を確認し、自分の肌にあうかどうか確認しながら少しずつ利用するようにしてください。

脱毛テーブについて

脱毛テープは肌に直接はり、はがすと同時に毛を抜くというとてもシンプルな方法です。

短時間で広範囲のムダ毛を処理することができ、かつ使用方法も簡単なので時間がない時などにおすすめです。

また、ドラックストアや通販などでも販売されており安価で簡単に手に入れることもメリットでしょう。

ただし、脱毛テープを利用するにはいくつかの注意点があるので、使用前にしっかりと確認しておきましょう。

脱毛テープの利用方法と注意点

テープが肌に直接触れ、はがす際に強い刺激が伴います。
そのため、むやみに使うと肌を傷つけてしまう可能性が大きいので配慮が必要です。

肌の調子は毎日違うため、使用するときは毎回パッチテストを行ってください。

前回問題がなかったからといって今回も問題がないということはありません。

脱毛テープには、毛の流れに沿って貼るタイプと逆らって貼るタイプの二通りがあります。
購入前には、パッケージに記載されている説明書で確認しておきましょう。

テープの幅、大きさは部位ごとに異なります。大きすぎても小さすぎても良くありません。
テープは粘着力がとても強いのでできるだけ不要な場所には触れないようにします。

実際にテープを貼る前は、十分に毛穴を開かせることが重要です。毛穴が最も開いているお風呂上がりは最適なタイミングです。

短時間で毛穴を開かせたい場合は、蒸しタオルで毛穴を開かせる方法がよいでしょう。

毛穴が引き締まった状態で脱毛テープを使用すると、毛根部分が肌に残ってしまうなど仕上がりが悪くなります。

脱毛後は、ケアを忘れずに

脱毛した後は、開いた毛穴をしっかり引き締めることが重要です。
しっかり冷却し、クリームなどで十分な保湿を行ってください。

毛穴を開いた状態にしておくと、汚れや細菌が入り込み肌トラブルを起こす危険があるため十分気をつけましょう。

石鹸を使った脱毛について

最近利用者が増えているのが石鹸による脱毛、いわゆる「脱毛石鹸」です。
利用法は簡単で、通常の石鹸と同じように脱毛石鹸で体を洗うだけです。

脱毛石鹸に構成する成分について

脱毛石鹸と一言で言っても、様々な種類があり、「これだ!」と説明できるものはありません。
ここでは、一般的に流通している脱毛石鹸について説明していきます。

まず、よく使われている成分としてブロメラインやパパイア果実エキスがあります。
パイナップルの芯に含まれているブロメラインという物質はタンパク質を分解する酵素です。
ムダ毛もタンパク質であることから、毛の成長を抑制してくれる効果があると考えられています。
脱毛というよりは、ムダ毛を伸ばさないようにする成分となります。

次に石鹸に含まれる成分として、豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、イソフラボンが含まれている商品があります。

ダイズ種子エキスには、体毛を薄くする女性ホルモンと似た作用があります。
また女性ホルモンの一種「エストロゲン」には、体毛を薄くする働きがあることがわかっています。
大豆にふくまれるイソフラボンにはエストロゲンに似た作用があることから、体毛を薄くする働きがあると考えられます。
こちらも脱毛というよりは、徐々に毛を薄くするといった感じです。

石鹸脱毛の効果について

「洗うだけでムダ毛処理ができる」という一見信じられない脱毛石鹸です。
成分を調べると脱毛効果があるとされる成分が多く含まれていることは確かです。

一般に販売されている脱毛石鹸は様々な種類があり、配合されている成分もバラバラです。

脱毛石鹸は、効果を必ず保証するといったものではありません。

脱毛効果を期待するというよりも、「毛が薄くなったらラッキー!」といった軽い感覚で利用することをおすすめします。

機械(家庭用脱毛器)を使った脱毛について

技術の発達や低価格化の流れにより、家庭用脱毛器を購入する人も増えています。

家庭用の機器で行うメリットとしては、カミソリやクリームを使った脱毛より質の高い脱毛ができることやサロン比べると低価格で自分のタイミングでムダ毛処理ができるとことがあげられます。

家庭用脱毛器を利用した場合の費用

家庭用脱毛器本体の価格は、一般的に80,000~100,000円程度です。

本体価格だけを見ると決して安い買い物ではありません。
しかし、例えばサロンで全身脱毛を行おうと思ったら、一般的なお店だと少なくとも15回の施術と20万円前後の費用が必要となります。

家庭用の機器であれば本体に付属しているカートリッジで13~15回の利用が可能です。
1回の施術料は単純計算で80000÷13=約6100円となり、価格が抑えられることがわかります。

加えて10000円前後のカートリッジを買い替えるとさらに13~15回の処理が繰り返し行えます。

最近では、業務用美顔器・脱毛器を開発したメーカーが家庭向けにもかかわらず高機能な脱毛器を販売しています。

業務用とまでは言えませんが、カミソリやクリームよりも効果が高い脱毛をしたいと考える人にはオススメです。

デメリットは「自分で施術する」こと

当然のことですが、サロンなどで施術を行う際は、むだ毛のお手入れに慣れたスタッフが施術を行います。

正面から見えにくい場所なども綺麗にケアしてもらえ、仕上がりの綺麗さはサロンなどで施術を受ける方が圧倒的に綺麗に仕上がります。

ただ、家庭用の機器でも何度も使用していると使い方のコツをつかめてくるので、自分自身のやり方を作り上げれば綺麗に仕上げることは十分に可能です。

また、脱毛器利用はある程度自己責任となりますので、利用する前には各メーカーが記載している注意事項を必ず読んだ上で、利用するようにしてください。

自分の目的と用途、予算に合わせて施術方法を選択してください

現在、この分野において「絶対に、これがおすすめ!」といった脱毛方法は存在ません。
なぜなら、あなたが脱毛する際の目的も異なるし、体質なども大きく影響するためです。

「費用」「手間や仕上がり」「信頼性や安全性」など、脱毛前にご自身で計画、シミュレーションしてみてください。
その上で自分が満足する施術方法が見つかるまでは、色々な脱毛を試してみることをおすすめします。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン