資格は必要なの?ネイリストになる方法について

ネイルの仕事をこれから自分の仕事にしたい、自分のサロンを持ちたいと考えている人も多いでしょう。
それだけネイルが世の中に普及したと言えます。
しかしそのために取得しておくと良い資格などはあるのでしょうか?
それはどこで取得することができるのでしょうか?

ネイリストになるには?

まずネイリストになるにはネイルの資格というものが必要となります。
養成学校スクールで学ぶ、資格を取得、ネイルサロンで資金を集めてその後開業。
通信講座を利用して独学で学び、資格を取得してネイルサロンで修行してその後開業、という運びになると思われます。
ネイリストになるにはやはり専門知識が必要となりますから、必ず勉強がつきものとなります。

ネイリストスクールに通う場合

スクールに通う場合が最もポピュラーな方法であると言えます。
就職の窓口も広く、学んだ知識をそのまま実践することができますから、ネイリストとして独り立ちするのがスピーディであると言えます。
就職先が豊富であること、開業支援が充実している、という点ではメリットが多いでしょう。

独学で通信制で学ぶ

通信制で自分の空いた時間に学ぶことができる通信制のネイリストはネイリスト検定を取得するために学ぶものとなります。
本人次第で実技の練習が不足し、検定に落ちる可能性もありますから、実際通信講座で学んでいる場合は、知人や友人などの爪を借りて、練習させてもらうようにしましょう。
もちろんジェルネイルからスカルプチュア、オフまでしっかり練習していきましょう。
1人だけに頼むと爪にダメージを与えてしまいますから、色々な友人に声をかけて頼むようにしましょう。
主婦仲間がいるのであれば、順番にジェルネイルをしていくと良いです。

ネイリスト検定は民間資格だから意味はない?

実はこのネイリスト検定という資格は民間資格とも言われるものですから、あってないようなものとなります。
しかしお金を稼ぐためにネイリストになると決めているのなら、最低でもネイリスト検定2級は持っている必要があります。
ネイリスト検定は年に数回行われていますから、チャレンジするチャンスは限られています。

サロンもそのような資格を持った人しか採用しませんので、注意しましょう。
民間資格なので、実際今日からネイリストですと宣言しても嘘にはなりません。
しかし、実際の実技となるとプロの腕前を試されることになります。
ネイリスト検定は、自分の自信にもなりますし、対外的にも実力を証明するものとなりますので、しっかりと取得しておきましょう。

ネイリストの就職先

ネイリストとして検定にも受かり2級をとっても、サロンがやとってくれなければ働くことができません。
スクールでは就職先を支援してくれるところもあるため、そこを通じて働き先を見つけることはできます。
ネイリストは、どういった環境で働くことになるのかチェックしておきましょう。

最も一般的な場所はネイルサロン

最もポピュラーである職場はネイルサロンです。
「ネイルアートがしたいのでネイリストになった」という場合は、最も希望していた働き方となります。
お客様にアレンジ自在なデザインや柄を提供し、相談しながらネイルをしていくという働き方です。

派遣ネイリストという働き方

派遣ネイリストというものをご存知でしょうか?
サロンをかけもってネイルアートをしているアーティストさんも大勢いらっしゃいます。
職場が1つでないので、色々な体験や経験を積むことができます。
そのため、スキルアップをスピーディにはかることができます。
ただし、派遣ネイリストは完全な実力社会です。
厳しい環境に身をおくため、相当に腕をあげる必要があります。

独立、開業する

働き方のゴールの1つとして、独立して開業するという方法が挙げられます。

例えば、自宅の一室をネイルサロンにして、そこでネイルサロンを経営するという手段があります。
当然ですが、全くの未経験からの開業は、かなり難しいでしょう。

独立するにはある程度の資金が必要です。
最初はネイルサロンでしっかりお給料を稼ぐのが一般的です。
ある程度ネイルサロンで経験を積み、実績を積みつつ、貯蓄した人であれば、そのサロンのお客さんもついてきてくれるため、直近の目処は立ちやすくなります。
独立開業する頃には顧客がつき、自分にだけネイルアートをしてほしいという顧客が出てきますから、そのうち自宅を改装してネイルサロンを開くことができます。
ただし仕事を軌道にのせるためには、ネイルアートを希望する人(見込み客)が近辺に住んでいることが前提となります。
事前に、リサーチなども必要になるので、心にとめておくとよいでしょう。

ネイリストになるには、それなりの覚悟が必要です

働き方に違いはありますが、他の業種と比較して実力によって給与には大きな開きが出る職業です。
例えば新人の給料は、会社員の平均給与よりも大分低いと考えておきましょう。
かなり腕の立つ人は予約がうまっていっぱいということが多いのに対し、新人には全くお客様がつかないということはよくある話です。
とても厳しい世界なのだということを覚悟してください。

しかし、ネイリストは夢のある職業です。

競合から一歩抜け出し自分の立場が確立できたとき、目の前に広がるネイリストとしての仕事は大きな幸せを感じることができます。
常に厳しい風当たりを感じますが、チャレンジする価値のある夢のある仕事なので、ネイリストを目指す人はぜひ頑張ってください。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン