きれいに治った!ニキビの原因と治し方を教えます

顔にニキビができたとき、ものすごく落ち込んでしまいますよね。
ニキビが出来た日から、毎日鏡をみながら1日でも早く治したいと誰もが思うでしょう。
しかし、正しい知識のないまま無理に治そうとすると、
かえって悪化させてしまったり、
治っても酷いニキビ跡が残ってしまうこともあります。

ニキビをきれいに治したいのであれば、ニキビについてよく知ることが大事です。
正しく理解できれば、きれいに治す方法を知ることもできます。
自分の大事なお肌にできたニキビ、後悔しないようにしっかり治しましょう!

ニキビの原因、わかりやすく教えて!

ニキビの原因は、簡単に言ってしまうと皮脂や汚れ、古い角質が混ざり合って毛穴に詰まってできる角栓です。
初期段階の角栓は白いので白ニキビと言われますが、空気に触れて皮脂が酸化すると黒ずんで黒ニキビになります。
白ニキビや黒ニキビの段階では、まだニキビと自覚する人も少ないでしょう。
しかし、これを放っておくと、角栓で塞がれた毛穴にアクネ菌が繁殖して分泌物を出します。
この分泌物の刺激によって、毛穴が炎症を起こしてしまい一般的な赤ニキビになってしまうのです。

つまりニキビを防ぐためには、角栓ができないようにする必要があります。

ただ、厄介なことに日常生活には角栓ができる原因がいろいろ潜んでいます。
ストレスが溜まったり睡眠不足になったり、栄養バランスが偏るとホルモンバランスが乱れて、皮脂の分泌を過剰にするプロゲステロンが活発に働きます。
皮脂が過剰分泌されると、毛穴からの排出が追いつかなくなって溜まってしまいます。
しかも、ストレスや睡眠不足、不規則な食事は肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを乱すため、古い角質が剥がれません。
そのため過剰に分泌される皮脂と混ざり合って角栓ができ、結果的にそれがニキビになります。

つまり、ニキビの直接の原因は角栓ですが、さらに追求していくと生活習慣が原因とも言えるのですね。
また、紫外線や洗顔時の摩擦などの刺激も間接的なニキビの原因となるので、スキンケアにも気を付けないとすぐにニキビが出来てしまうのです。

思春期ニキビと大人ニキビ、何が違うの?

ニキビの種類で思いつくのは、思春期ニキビと大人ニキビではないでしょうか。
どちらも、角栓が毛穴に詰まってニキビができるというメカニズムは同じですが、角栓ができる原因とニキビの出来方に違いがあります。

まず思春期ニキビですが、角栓ができるのはホルモンバランスが不安定だからです。
皮脂は肌のバリア機能となる皮脂膜を作るために必要なもので、一定のバランスを持って分泌されます。
しかし、思春期はホルモンのバランスが安定していないため、過剰に分泌されてしまいます。
そのため角栓が詰まってニキビが出来てしまうのですね。
大人ニキビの場合は、睡眠不足やストレス、不規則な生活習慣などによってターンオーバーが乱れやすくなっています。
他にも、喫煙や過度のダイエットによる血行不良、冷え性、メイクや洗顔による刺激もターンオーバーを乱します。
ターンオーバーが乱れると、古い角質が肌に溜まってしまい、これが皮脂と混ざり合って角栓が作られます。

もう一つの違いであるニキビの出来方ですが、思春期ニキビは皮脂の分泌量が多いおでこや鼻、頬骨の部分にできます。
しかし、ホルモンバランスが安定してくると、自然に治っていき再発することはほとんどありません。
大人ニキビは、Tゾーンだけではなくフェイスラインなど広範囲にできます。
しかも一度治ったとしても、生活習慣が主な原因になるので、繰り返しニキビができるというのが特徴です。

このように、思春期ニキビと大人ニキビは角栓ができる原因もニキビの状態も違うので、それぞれに合ったニキビケアをすることが早く治すコツになるのです。

思春期ニキビを治すにはどうすればいい?

人によって出来方は異なりますが、思春期ニキビは広範囲にできることが多いです。
しかも、赤くて大きいニキビができることもあるので、早く治してしまいたいでしょう。

思春期ニキビを治す場合、多くの方が間違えるのが洗顔をしすぎたり、ゴシゴシこすって刺激を与えてしまうことです。
刺激は思春期ニキビを悪化させる一番の原因なので、過剰な洗顔や刺激の強い洗顔料を使うこと、こすることは絶対に止めましょう。
思春期ニキビの正しいケアは刺激を与えないことなので、気をつけてください。

正しいケアの方法ですが、まずは洗顔の前に蒸しタオルで毛穴をしっかり開かせましょう。
毛穴が開けば、強い洗浄力がなくても皮脂汚れもしっかり落とせます。
次に、ぬるま湯で顔を濡らしたら、泡立てネットを使って弾力のある泡をたっぷり作ってください。
そしてTゾーンに泡を乗せたらこすらないように、泡でマッサージする感じで洗っていきます。
Uゾーンは軽くある程度でも大丈夫なので、全体を洗ったらぬるま湯で素早く洗い流し、清潔なタオルで水を吸収させるようにして拭き取りましょう。

洗顔が終わったら、自分が気持ち良いと感じられるローションや美容液でしっかりスキンケアをして、肌を乾燥させないようにしてください。
ローションはメントール配合の方がスッキリ感じられますが、水分などを奪ってしまうので乾燥が引き起こされます。
乾燥すると肌は皮脂を余計に分泌するので、ローションは保湿性の高いものでメントールが入っていないものを選びましょう。
美容液は潤いが足りないな、と思う部分にだけつけてください。

丁寧にスキンケアを続ければ、思春期ニキビも悪化することなく解消できます。

大人ニキビを治すにはどうすればいい?

大人ニキビの正しい治し方の基本は、表面を綺麗にするだけではなく、ターンオーバーを促進することです。
そのためには、生活習慣や食生活を改善する必要がありますが、忙しい毎日の中ではなかなか難しいでしょう。
そこで、体の中からターンオーバーを促進し、さらにスキンケアでしっかり保湿をするのが正しい治し方になります。

まずは、美容成分の中でも万能の効果があるビタミンCをたっぷり摂りましょう。
ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑制したり、強力な殺菌作用があるので、それだけでもニキビの改善に効果があります。
さらに、コラーゲンの生成をサポートしてターンオーバーを促進するという働きも持っているので、しつこい大人ニキビの解消に優れた効果を発揮してくれます。
もう一つ嬉しいのが、メラニン色素の生成を防ぐ美白作用によって、色素沈着を防げることからニキビ跡の予防にも繋がります。
レモンやいちご、ブロッコリーやピーマンなど、ビタミンCが豊富に含まれている果物や野菜を毎日たっぷり食べるようにしましょう。

次に保湿ですが、ポイントとなるのは洗顔と洗顔料です。
合成界面活性剤が配合された洗顔料は、肌のバリアに必要な皮脂を落としすぎてしまい、乾燥を招いてターンオーバーを低下させます。
最近は天然由来の成分の洗顔料など、皮脂を落としすぎないものが増えているので、肌を優しく洗い上げる洗顔料を選びましょう。
また、洗う時はたっぷり泡立てて、手や指で肌をこすらないようにして丁寧に洗ったら、すぐにローションで保湿しましょう。

特に目新しい方法ではないですが、大人ニキビを根本から治すにはこの2つの方法が確実かつ正しい治し方になります。

大人ニキビについては、以下のページでも詳しく説明しています。
ぜひ、参考にしてみてください。
部位別にみる大人ニキビの直し方を教えます!

ニキビを予防するための正しい洗顔の仕方

ニキビを作らないためには、糖分や油分を摂りすぎない、たっぷり睡眠を取る、肌を乾燥さないということも大事ですが、もっとも重要なのが洗顔です。
洗顔の方法次第でニキビをより効果的に防ぐことができるので、正しい仕方を覚えましょう。

最初に、洗顔をする前に手を洗います。
手が汚いままだと、顔に雑菌や汚れがついてしまうため、洗顔効果がなくなってしまいますし、洗顔料の泡立ちをも悪くなるのできちんと洗ってください。
顔全体をぬるま湯でしっかりと濡らしたら、洗顔料を泡立てましょう。
泡立てネットを使うと、キメが細かくて弾力のある泡が簡単に作れるので購入しておくといいですね。
逆さにしても落ないぐらいの泡をたっぷり作ったら、泡で顔を覆うように全体に均等に乗せて、皮脂の分泌量が多いTゾーン部分と生え際だけ泡をクッションにして小さな円をかくように洗います。
べたべたする皮脂を落とそうとしてついごしごし洗いたくなりますが、泡で汚れを浮かせて、包んで落とすのが洗顔なのでこする必要はありません。
他の部分は洗顔料の泡を乗せただけで十分に汚れが落ちるので、そのままにしておきましょう。

洗い終わったら、ぬるま湯ですすぎ残しがないように、30回ぐらいすすいでください。
見た目には泡が落ちていても、洗浄成分が残っていることもあるので、最低30回ぐらいでそれ以上すすぐのが理想的です。
すすぎ終わったら、柔らかい清潔なタオルで顔の水分を吸収させます。

この洗顔方法で、ニキビを正しく防ぐことができるはずです。

正しく洗顔した後は、化粧水で保湿をすることが大事です

ニキビ対策というと、とにかく皮脂を落として肌をさっぱりした状態にするのが一番と思っているかもしれませんね。
しかし、実はニキビを治すために必要なのは保湿なのです。
乾燥肌はもちろんオイリー肌であっても、保湿力が低下している肌ではニキビは治りません。
ですので、ニキビ対策のための化粧水は保湿効果が高いものを選びましょう。

洗顔をすると、肌が突っ張ったりかさついたりすることがありますが、これは皮脂が落とされて肌が無防備な状態になるからです。
この状態の肌はとても弱く、少しの刺激でも大ダメージになるので、保湿効果がある化粧水でしっかりケアをする必要があります。
また、例え状態が普通であっても、皮脂が落ちきっていますから、すぐに化粧水で保湿しましょう。

保湿効果がある化粧水を選ぶ時は、成分をチェックしてみるといいですね。
ニキビ対策に効果があるのは、セラミドとヒアルロン酸です。
セラミドは角質層に存在する細胞間脂質で、角質細胞の隙間を埋めて保湿をする成分です。
セラミドが不足すると、肌が乾燥を感じて皮脂の分泌量を増やしてニキビができやすくなるので、しっかり補いましょう。
ヒアルロン酸は水分を保持する成分で、肌の内部で水分を抱え込んで保湿力を高めてくれます。
この2つの保湿成分を基本に、後はコラーゲンの合成に関わったり、皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンC、肌細胞を劣化させる活性酸素を取り除く抗酸化作用を持つビタミンEなどが配合されている化粧水を選ぶのがオススメです。

ピーリングはニキビ予防に効果があるの?

ニキビの直接の原因は、ターンオーバーが遅くなって古い角質が溜まり、そこに皮脂が分泌されて混ざり合い角栓ができて毛穴を塞ぐことです。
つまり、古い角質を取り除けば角栓も出来なくなるので、ニキビの改善効果が期待できます。
ただし古い角質は洗顔だけでは落とせないため、ピーリングで落とすという美容法がニキビに効果があると言われています。

実際の効果ですが、ニキビの状態が人によって異なるので、一概にピーリングでニキビが治るとは言い切れないものの、効果があったという人が多いのは事実です。
ニキビが出来た肌は炎症が起きているため、さらにターンオーバーが低下してしまいます。
ですので、古い角質が溜まってしまいますから、余計にニキビが悪化しやすい肌環境になっています。
ピーリングをすれば溜まった角質を落とすことができるので、肌はクリアな状態になりますから、ターンオーバーが促進されます。
また、今まで浸透しにくかった化粧水などのスキンケア化粧品も浸透しやすくなるので、肌の内部の状態の改善にも繋がります。

ただし、肌のターンオーバーが早まっていて、未成熟な角質のせいでバリア機能が低下してニキビが出来ているのであれば、ピーリングは逆効果になります。
最近は自分でできるピーリングアイテムも人気ですが、肌の状態によって効果が異なります。
ですので、ピーリングでニキビを改善したいという場合は、皮膚科や美容外科など医療機関で診察してもらい、適切な方法で行うようにしてください。

ニキビの種類と原因を知ることで、ニキビはきれいに治すことができます

ニキビについて、理解することができましたでしょうか?
一言でニキビといっても、思春期と大人になってできるニキビの種類は違っていたり、治療の方法も異なります。
また、予防するために何も考えないでガシガシ洗顔したり、適当に保湿をしても意味がありません。

あなたの大切なお肌です。
正しいケアで、憎っくきニキビから自分のお肌を守りましょう!


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン