おしりのニキビがしこりになっている場合はニキビではないかも?

お尻に出来物ができると多くの人はニキビと考えて治療しようとします。
しかし、お尻にできるのはニキビだけではありません。
お尻にできるできものにはどんなものがあるのでしょうか。

お尻にできるできもの

お尻にできるできもので一番多いのはやはりニキビです。
にきびといえば顔面に多く出るイメージが強いですが、皮脂腺がある場所はどこでもげ切る可能性がある上に、お尻は座ったり、下着にこすれることで皮膚が厚くなり、毛穴が詰まりやすい上体になっているため、ニキビができやすい場所なのです。
また、お尻は汗をかきやすく、また、トイレにも座ったりして不潔になりやすい部分であるため、少しでも清潔を怠ると様々な皮膚トラブルを起こしやすくなります。

毛穴が詰まることでぶつぶつができるのが毛孔性苔癬です。
健康上特に問題はない他、日常生活においても痛みなどを伴うことも少ないため、放置している人も多いです。

何らかの原因で毛穴の奥に垢や皮脂が詰まってしまい、皮膚下で炎症を起こした状態が粉瘤です。
粉瘤はにきびに似ているため自己判断ではニキビと見間違えてしまう人が多いですが、ニキビがセルフケアで改善する可能性があるのに対し、粉瘤は自然治癒やセルフケアによる改善は見込めません。
ニキビだと思って正しいケアを行なっているのになかなか改善しない場合には、粉瘤の可能性があるので皮膚科を受診してください。

お尻のにきびが”しこり”になっている場合は要注意

ニキビだと思って正しいケアをしっかり行なっているのになかなか改善しないばかりか、ますます悪化していく場合があります。
ニキビは正しいスキンケアや規則正しい日常生活を送ることで改善していきますが、改善せず悪化したり、士コロができる場合には粉瘤である場合が多いです。
ニキビが病院へ行かなくても改善していくのに対し、粉流はセルフケアでは治りません。
病院で治療が必要になります。
ニキビと思って粉瘤を放置していたら、粉瘤が悪化して中で炎症を起こしてしまうことがあるため、放置は禁物です。

粉瘤は良性の腫瘍であるため必ず治療が必要というわけではありませんが、中で炎症を起こしてしまうと外科的治療でなければ治らないほか、粉瘤が巨大化してがん化したケースもあるため、早めに皮膚科や医療施設において治療することをお勧めします。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン