ウエストをきつくベルトで締めるダイエット法のコツと注意点について

ダイエットベルトというものがありますが、通常のベルトでも代用が効くウエストダイエットというものがあります。
ウエストやお腹、足や二の腕などダイエットベルトとして販売されているものがありますが、きつくベルトを締めるだけでウエストダイエットが出来るというものです。
実際、ウエストは細くなるのでしょうか?

腹圧をかけることで腹筋が鍛えられる

ベルトを締める女性

ベルトをすることによって、腹部が締め付けられますから、自然と人間の生体反応として、腹圧が発生します。
すると筋肉が刺激され、ウエストが徐々に細くなります。
ベルトをいつもよりきつく締めるだけの方法ですが、皮下脂肪や内臓脂肪は減りませんが、腹筋を鍛える効果はあるので、多少なりともベルトの穴が1週間で1つは減ると言われています。
脂肪を減らすことは出来なくとも、ウエストダイエットになるということです。

女性はワンピースやゴムのスカートなど、ウエストをギュッと締め付けないものを好む傾向がありますが、それではお腹は筋力が衰え、内臓も下垂してしまうので、お腹ぽっこりになってしまうのです。
ですからベルトできつくウエストを締め上げ、シェイプアップをしましょう。

ベルトを長時間つけるのはあまりよくない

注意を促す女性

ダイエットベルトでも同じことが言えますが、ベルトを長時間きつく締めているのはあまり良くないと言われています。
肌を傷める原因にもなりますし、あざのようになってしまうこともあります。
ウエストがキレイにくびれたのにあざが残っては残念ですから、無理せずきつく締める時間を決めておくと良いでしょう。

またベルトの穴は細かくあいたものがベストです。
穴の間隔が長いと次へのステップに時間がかかり、そのうちおっくうになってしまいます。
そのため、穴の間隔が広いベルトの場合、自分ではさみやカッターなどを使ってベルトの穴の間隔を細かくするのがポイントです。
すると、次のステップに入るのが簡単なので、モチベーションアップになりますし、どれだけウエストダイエットが成功しているのか一目瞭然となります。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン