ジェルネイルはどれくらい持つの?一ヶ月後の状態について

けっこうな金額を払って行ってもらうのがジェルネイルですから、せめて多くの日数を持たせたいものです。
そんな方法はあるのでしょうか?ジェルネイルを1か月間つけ続けるとどこまで傷んでしまうのでしょうか?

セルフケアの場合は1か月もたない場合も

実際、サロンでプロが行うジェルネイルと、セルフネイルでは1か月のもちは全く違います。
もちろんプロのほうがしっかりもちますし、セルフのほうは剥がれやすいので、1か月ももたずに取れてしまうことが多いです。
また自爪も伸びてきますから、ケアも必要になります。
その際、プロに行ってもらうか、セルフでするかによっても変わりますから、やはり1ヶ月しっかりジェルネイルをもたせようと思うのなら、サロンで行ったほうが良いでしょう。
1か月でもサロンのプロで行ったジェルネイルはぎりぎり持つか持たないか、というレベルになります。
ですからセルフジェルネイルならもっと剥がれやすいと言えます。
よく見て2週間前後を見ておくとよいでしょう。

ではサロンで行ったネイルはどれくらいもつのか?

サロンで行ったジェルネイルはどれくらいの期間美しさを保ってくれるのでしょうか?まずは保湿をしっかりしましょう。
乾燥するとジェルネイルは剥がれやすくなってしまいますから、徐々に爪の先などから剥がれてきます。
ですから丹念にネイルオイルなり、ハンドクリームでしっかりケアを行いましょう。
ジェルネイルをして、1か月ほどたつころ、ちょっと取れてきたなと感じたら、自分でマニキュアのトップコートを塗るという手段もあります。
プロでのジェルネイルの仕上がりもやはり1か月ぎりぎりもつかもたないかという程度なので、美しさを保つためにはトップコートでしっかり固めることが必要です。
浮いてきたネイルを戻したり、ツヤをよみがえらせることができます。
また爪を強化することができますから、色落ちを防ぐこともできます。

単色使いはしない

また、伸びてきたネイルが分かりにくいように単色でカラーを選ばないようにしましょう。
できるだけ伸びてきた場合を考えて、ジェルネイルのデザインを考えるとよいでしょう。
それもプロのネイルスタッフに教わって、色々相談したうえで決めていくとよいでしょう。
月に数万円飛んでいくネイルサロン、続けるにはなかなか難しいと思っている人でも、1か月、あと1週間持たせるためにはコツが必要です。
今ではセルフでジェルネイルができる時代になっていますから、コストを抑えようと思うのならセルフジェルネイルにチャレンジするとよいでしょう。


最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン